小学館ジュニア文庫

小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」

小説「映画ドラえもん のび太の月面探査記」
ためし読み
定価
本体800円+税
発売日
判型/頁
新書判/304
ISBN
9784092312760
〈 書籍の内容 〉
映画ドラえもん×辻村深月
 月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って、月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、のび太のクラスに、なぞの転校生がやってきた。
 2019年3月1日公開「映画ドラえもん のび太の月面探査記」(原作/藤子・F・不二雄)の脚本を手がけた辻村深月が、自ら書き下ろし小説化!
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
辻村深月、五年ぶりの書き下ろし長編!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

ドラえもんの中でも大好きな映画が小説になって毎晩読み聞かせしていました。子供が映画のセリフを覚えているので予測して親が言う前にセリフをいうところに本当にこの映画が大好きなんだなぁと実感しました。(40代 女性) 2020.5.30

ドラえもんは仲間がたくさんいて楽しそうだなと思いました(10代 男性) 2020.5.28

月に行く話だから、月のことをもっと知りたいからこれを見て、それでのび太王国をのび太が自分でウサギを作って、王国を広めて、食べ物をそこで作って餅つきをしたりして面白かったです。(10代 男性) 2020.5.26

絵がなくても詳しく書いてあってとてもわかりやすかった(その他 男性) 2020.5.24

辻村深月さんが大好きで、ドラえもんも好きで、好きなものが詰め込まれた映画でとても気に入っていました。本を買うかはずっと迷っていたのですが、コロナ禍の中で思いきって購入し子供と一緒に読んでいます。 映画を観たときも辻村さんのドラえもん愛を感じ、とても素敵な作品だと思いましたが、小説で読むと改めて辻村深月作品として好きになりました。大袈裟な表現かもしれませんが、宝物の1冊になりました。(30代 女性) 2020.5.23

この本を読んだきっかけは、おばちゃんの家でこのテレビを途中まで見ました。帰ってきてから続きを見たかったのにAmazonプライムになっかったので小説を買いました。 僕は自分で初めて小説を読みました。読むページ数が多くて難しかったけれど、先のストーリーが気になってスラスラ読んでしまいました。 僕が気になったところは、ウサギが綺麗なビルをたて映画館や団子工場などで遊んだりしていたところです。中が遊園地みたいになっていて僕も一緒に中に入って見たいと思いました。  のび太は月に行ったので、僕も月に行って見たいです。(40代 女性) 2020.5.19

子供が初めて小説を買いました。 自分で選んだので、嬉しかったです。(30代 女性) 2020.5.17

ぼくが大好きな月がテーマなのですごく、ワクワクしました。(40代 男性) 2020.5.14

最後の方にあった、スネ夫がルナちゃんをお姫様抱っこするとこが一番好きです。(10代 女性) 2020.5.11

ドラえもんは家族で見れて楽しいです(その他 男性) 2020.5.8

 

著者インタビュー(1)「ドラえもんの小説を書く意味とは?」

小学館ch

 

著者インタビュー(2)「脚本と小説の違いとは?」

小学館ch

 

著者インタビュー(3)「お話の舞台は「月」」

小学館ch

 

著者インタビュー(4)「のび太やドラえもんをどう描いたのか?」

小学館ch

 

著者インタビュー(5)「ドラえもんのひみつ道具について」

小学館ch

 

著者インタビュー(6)「みなさんへメッセージ」 

小学館ch

 

あなたにオススメ!

  • 小説「映画ドラえもん のび太…
  • 転校生 ポチ崎ポチ夫
  • 映画ドラえもん のび太の月面…
  • ドラえもんムービーコレクショ…
  • ドラえもんふしぎミステリーク…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ