小学館ジュニア文庫

ラスト・ホールド!

ラスト・ホールド!
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
新書判/192
ISBN
9784092312326
〈 書籍の内容 〉
話題の映画ノベライズ!!
取手坂大学4年生、ボルダリング部主将の岡島健太郎は悩んでいた。大学卒業を控え、部員は自分ひとり。伝統ある部を存続させるには6人の新入部員を集めなければならない。それも早急に! そして必死の勧誘で、なんとか新入生6人が入部したけれど、経験者は1人だけで、ほかの5人はクセのある初心者ばかり。まずは基礎体力づくり、そして競技ルールを学び、ついに個人戦を迎えるが……!? 
目指すはボルダリング日本一! 青春胸熱エンタテインメント!
〈 電子版情報 〉
小学館ジュニア文庫 ラスト・ホールド!
Jp-e : 092312320000d0000000
話題の映画ノベライズ!!

取手坂大学4年生、ボルダリング部主将の岡島健太郎は悩んでいた。大学卒業を控え、部員は自分ひとり。伝統ある部を存続させるには6人の新入部員を集めなければならない。それも早急に! そして必死の勧誘で、なんとか新入生6人が入部したけれど、経験者は1人だけで、ほかの5人はクセのある初心者ばかり。まずは基礎体力づくり、そして競技ルールを学び、ついに個人戦を迎えるが……!? 
目指すはボルダリング日本一! 青春胸熱エンタテインメント!

※対象年齢:高学年から

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

映画では見えない細かい部分を知ることが出来て本も読んで良かったなと思えました。本を読んでいても感動して涙しました。(20代 女性) 2018.8.3

映画では描かれていない各キャラクターの心情だったりが知れて、もう一度映画を観たくなるとても楽しい作品でした(20代 女性) 2018.6.15

先に映画を観て、その後本作がノベライズ化されているということでノベライズ版を購入しました。映画ではわかりにくかった感情の流れなども述べられていて、すぐに読み終わってしまいました。何度でも読み返したくなる作品でした。(20代 女性) 2018.6.10

映画を見てから読みましたが、映像からは読み取りきれなかった細かな心理描写を文字にしてくださっていて、ノベライズを読めば映画を見たくなるし、またその逆もあるwinwinな作品だなと感じました。(20代 女性) 2018.6.10

映画ではわかりにくかった背景などが詳しく書いてあり、この本を読んでからもう一度映画を見たらより楽しめました。(40代 女性) 2018.6.3

SnowManのファンなので、映画を観てからこの本を購入しました。映画では描かれていなかった部分まで知れて、また違った見方でもう一度映画を観たくなりました。(20代 女性) 2018.6.2

映画を見ただけでは分からなかった登場人物それぞれの思いが詳しく描かれていたので、より内容に入り込むことが出来ました。読んでから映画を観たら最初に観た時には気付かなかったところも見逃すことなく観られたので読んで良かったです。(40代 女性) 2018.5.31

映画を先に見たのですが、映像が忠実に再現されていて 映像がオーバーラップしてきました。最後は涙が止まらない、何度も映画も通ったのですがストーリー知ってても感動しちゃいました。(40代 女性) 2018.5.29

映画を最初に見ましたが、本を読むことでより内容を知ることが出来てよかった。(20代 女性) 2018.5.24

映画出演のSnow Manのファンなので、発売を知り、絶対購入したいと思いました。  彼ら自身に当て書きをした役柄はとても愛着があるので、「それが本になり、言葉で残る」という、こんな嬉しい事はありません。発売すぐに書店に行きましたが、なかったので取り寄せてもらいました。  また私は、映画を先に見てからこの本を読みんだのですが、映画の中の言葉を答え合わせすることが出来、とても楽しかったです。  本とは台詞の言い回しが少し違ったな…など、そんな事を考えるとまた映画を見たくなり足を運び、映画を見ると今度は本が読みたくなり再び読み込む…その繰り返しを出来る作業は、とても楽しかったです。まだまだそれをやるつもりです。  それに、映画では描かれていない心情が本にはかなり書かれており、とても興味深かったです。  できれば映画でも見たかったシーンもありました。特に、河口が感じた岡島さんへの想いの描写や、ケガで出れない桑本に対する新井の気持ち、この辺りは、本で書かれていたものを映画で見たかったと強く感じました。  そして、随分久しぶりにジュニア文庫を読みましたが、字のサイズも大きくて文章も読みやすく、子供やお年寄りにも勧めたいと思っています。特に、小学生に読んでもらいたいと感じました。というのは、自分がそのくらいの年齢の時に、こういう本を読みたかったからです。  小学生にとっては難しい言葉も沢山出てきて勉強になる反面、中には今どきの言葉遣いもかなり出てくるので堅苦しくなく本に触れる事が出来るからです。そのバランスが、映画から本として、とても上手く言葉になっていると感じました。  大学生という未知の憧れの存在もまた、小学生にはちょうど良い主人公達に思います。前向きになれる作品ですし、たくさんの子供達に読まれたらいいなと思いました。  そして最後に、Snow Manがこのような形での映画に出る事が今後もあれば、今回のような本が出ると嬉しいと感じています。その時も絶対買うので、よろしくお願いします。(30代 女性) 2018.5.23

あなたにオススメ!

  • さよなら、かぐや姫 ~月とわ…
  • 響-HIBIKI-
  • あの日、そらですきをみつけた
  • 真田十勇士
  • 小児病棟・医療少年院物語
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ