小学館ジュニア文庫

シャドウ・チルドレン1

絶対に見つかってはいけない

シャドウ・チルドレン1
ためし読み
定価
本体750円+税
発売日
判型/頁
新書判/256
ISBN
9784092311442
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
絶対見つかってはいけない子の運命は?
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
米国でシリーズ累計470万部超!の
大人気児童書が、とうとう日本語版で登場!
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

物語の舞台は、アメリカのとある片田舎の町。
12歳の少年ルークは、両親、ふたりの兄とともに、
森の中の家で静かに暮らしている。

兄たちとちがい、ルークは学校へ行くことも、
友だちと遊ぶこともできない。
なぜなら、ルークは、
政府によって禁じられた3番目の子ども
「シャドウ・チルドレン」だから。
存在してはならない子、それがルークなのだ。

ある日、ルークは、隣に引っ越してきた家にも、
自分と同じような存在がいることを発見する。
思い切って忍びこんだ隣家にいたのは、
自分と同じ3番目の子ども、ジェン。
正義感の強いジェンは、
「シャドウ・チルドレン」の現状をかえようと、
デモを計画していた。

自由をうばわれた子どもたち「シャドウ・チルドレン」が
挑む人口警察とのたたかいの結末は? 
そして、絶対に見つかってはいけない子、
ルーク・ガーナーの運命は……?     
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
原書は、世界最古にして最大の図書館協会・
アメリカ図書館協会が選んだ
"本を読まない子どもにもおすすめの本"
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

米国で人気の児童文学作家ハディックスによる本書は、
とにかく一度読み始めたら手を止めることができない
巧みなストーリー展開とテンポのよい場面転換が特徴。

絶対見つかってはいけない子・ルークの運命が気になって、
どんどん読み進み、ドキドキしながら、
あっという間に読み終わってしまいます
(担当の私は、入稿から校了まで
5回は読みましたが、毎回、「やっぱりおもしろい」…と、
飽きることなく編集作業ができました)

翻訳は、長年中学で英語を教えてきた梅津かおりさん。
ふだん子どもたちに接している梅津さんの文章は、
子どもたちにもわかりやすく、
とても読みやすく仕上がっています。
〈 目次をみる 〉
1★消えた森 2★三番目の子供 3★外出禁止 4★ひとりぼっちの食事 5★政府からの通告 6★重い税金 7★屋根裏部屋でひとり 8★お手伝い 9★窓に映った顔 10★さまざまな疑問 11★だれかのいる証拠 12★大きな賭け 13★スポーツ家 14★きみはだれ? 15★はじめての出会い 16★仲間の存在 17★二度目の訪問 18★チャットルーム 19★『人口規制法』  20★うその身分証明書 21★嵐の前の静けさ  22★デモの計画 23★迷い 24★デモの前夜 25★デモのゆくえ 26★侵入 27★ジェンの父親 28★真実とうそ 29★人口警察 30★新たな出発

あなたにオススメ!

  • 世界名作シリーズ トム・ソー…
  • ザ・マミー 呪われた砂漠の王…
  • 天才発明家ニコ&キャット キ…
  • 世界名作シリーズ 小公子セド…
  • 喪失(小学館文庫)
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30