小学館ジュニア文庫

ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者

ルイ・ブライユ 暗闇に光を灯した十五歳の点字発明者
ためし読み
定価
本体680円+税
発売日
判型/頁
新書判/192
ISBN
9784092311411
〈 書籍の内容 〉
15歳で点字を発明した天才の生涯
現在、世界中で広く使われている点字は、今から約190年前にフランスで発明されました。
発明者はなんと当時15歳の全盲の少年。
その名はルイ・ブライユといいます。

彼は5歳の時に全盲となるも、当時としては珍しく盲学校で教育を受けます。在学中に点字を発明し、その後もより使いやすいものにするために改良を続けて、世界中の目の見えない人々に希望の光を与えたのです。
しかし、ルイ・ブライユの発明は当初から周囲に受け入れられたものではなく、正式に彼の点字が認められたのは、彼が亡くなった後のことでした。

現在はフランスの偉人たちが眠るパンテオンに埋葬されるなど、世界中の人からその功績がたたえられているブライユ。
彼の生涯を、わかりやすくお届けします。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
小学生の教科書にも登場し、某検索エンジンの注目されている人ランキングで、織田信長や聖徳太子をおさえて2年連続1位になったルイ・ブライユの伝記です。

カバーは、2016年に“応援上映"が話題となりスマッシュヒットをとばした『KING OF PRISM by PrettyRhythm』(キンプリ)の作画監督を務める松浦麻衣氏によるもの。
松浦氏によるハイクオリティな挿絵イラストも、必見です!

あなたにオススメ!

  • ルイ・ブライユ
  • 「南京事件」日本人48人の証…
  • まじっく快斗1412 5
  • ポンペイの遺産
  • 小学館版 学習まんが人物館 …
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ