小学館ジュニア文庫

いじめ-学校という名の戦場-

いじめ-学校という名の戦場-
ためし読み
定価
本体700円+税
発売日
判型/頁
新書判/192
ISBN
9784092307322

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/11/11
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
平和な学校が、ある日を境に戦場に…!!
「信じなさい、守りなさい、想いなさい。それが友達にあなたができること」……それは、亡くなった母が残してくれた言葉。柚月は、その言葉を大事にしながら生きてきた。
 しかし、ある出来事をきっかけに始まったいじめの中で、柚月にとってかけ替えのない2人の友達、百花と純菜が加害者と被害者となっていくのだった。
 守ることも止めることもできないままいじめはエスカレートし、被害を受けていた純菜は、学校を去ることになってしまう。
 やがて、ついには柚月がいじめの対象にされ、身に覚えのない罪を着せられ、孤立させられてしまう。
 かつての友も教師も、誰も味方になってくれない。
 今や、学校は柚月にとって戦場でしかなかった。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
今回の作品では、いじめをする側の子も複雑でつらい事情を抱えていて、物語がどう進んでいくのか先が読めません。柚月は、再びお母さんの言葉に従って友達を信じて生きていけるようになるのでしょうか。どうぞ、ご自身の目で確かめてください!
〈 電子版情報 〉
小学館ジュニア文庫 いじめ-学校という名の戦場-
Jp-e : 092307320000d0000000
平和な学校が、ある日を境に戦場に…!!

「信じなさい、守りなさい、想いなさい。それが友達にあなたができること」……それは、亡くなった母が残してくれた言葉。柚月は、その言葉を大事にしながら生きてきた。
 しかし、ある出来事をきっかけに始まったいじめの中で、柚月にとってかけ替えのない2人の友達、百花と純菜が加害者と被害者となっていくのだった。
 守ることも止めることもできないままいじめはエスカレートし、被害を受けていた純菜は、学校を去ることになってしまう。
 やがて、ついには柚月がいじめの対象にされ、身に覚えのない罪を着せられ、孤立させられてしまう。
 かつての友も教師も、誰も味方になってくれない。
 今や、学校は柚月にとって戦場でしかなかった。

※この作品は底本と同じクオリティのイラストが収録されています。

あなたにオススメ!

  • 白魔女リンと3悪魔
  • ぐらん×ぐらんぱ! スマホジ…
  • さくら×ドロップ レシピ1:…
  • 世界の中心で、愛をさけぶ
  • 世界名作シリーズ 家なき子
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ