戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり

戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり
ためし読み
定価
本体1200円+税
発売日
判型/頁
4-6/160
ISBN
9784092271838

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/08/18
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
104歳の医師が病院で見つめた太平洋戦争
「戦争やいじめは、人間が人間を愛したり尊敬したりするあたりまえの心を狂わせてしまうもの」―日野原重明先生104歳の記念本は、「病院で見つめた太平洋戦争」を通して子どもたちに「憎しみを乗り越えてゆるし合う心」を伝える希望のメッセージにあふれています。
 著者は太平洋戦争が開戦した1941年、聖路加国際病院に内科医として勤務。東京大空襲で収容した1000人の負傷者であふれかえるなか救えなかったたくさんのいのち、病院ロビーに集まり聞いた玉音放送、終戦直後GHQに病院建物をすべて接収されてから返還までの約11年……戦中戦後の稀有な体験をあますことなく語る渾身の一冊です。
 アメリカ軍機が投下した「聖路加は爆撃しない」伝単ビラなど貴重写真も多数掲載しています。
〈 目次をみる 〉
はじめに 1

人生を決めた誘い 10
十字架が立つ大病院 15
アメリカ人が開いた病院の歴史 19
アメリカ人の職員がいなくなる 28
軽井沢診療所での初仕事 30
太平洋戦争がはじまった 32
忘れられない親交 35
スパイ容疑をかけられて 38
大運動会の思い出 41       
防空訓練がはじまる 44
病院の名前が変わってしまった! 46
女子専門学校の学生たち 52
英語が使えない不便さ 56
病院に残ったのは 58
空襲警報 60
いつもおなかがぺこぺこ 65
海軍軍医少尉に任官 69
東京大空襲の夜 73
トラックに積まれた負傷者 75
屋根があるだけの戦場 80
きょうも「おはよう」が言えたね 84
聖路加国際病院は爆撃しない 87
救護班の活躍 90
さあ、歌おう 92
つかのまの慰問団 94
8月15日の決意 98
占領のはじまり 100
病院明け渡し 102
仮病院での再スタート 107
仮病院でも志高く 109
改善されない物不足 112
闇米の買い出し 115
小さな病院の新たな使命 118
DDTとララ救援物資 122
アメリカ軍病院との交流 124
オスラー博士との出会い 128
アメリカ留学へ 131
待ちわびた病院返還 133
     *
きみたちへ伝えたいこと 139
戦争で幸せになる人はいない 141
にくしみからは何も生まれない 145
戦争といじめ 148
不戦か非戦か 151
他人のことを思いやる人になってほしい 154

医者だから伝えられること 156
〈 電子版情報 〉
戦争といのちと聖路加国際病院ものがたり
Jp-e : 092271830000d0000000
104歳の医師が病院で見つめた太平洋戦争。

「戦争やいじめは、人間が人間を愛したり尊敬したりするあたりまえの心を狂わせてしまうもの」―日野原重明先生104歳の記念本は、「病院で見つめた太平洋戦争」を通して子どもたちに「憎しみを乗り越えてゆるし合う心」を伝える希望のメッセージにあふれています。
 著者は太平洋戦争が開戦した1941年、聖路加国際病院に内科医として勤務。東京大空襲で収容した1000人の負傷者であふれかえるなか救えなかったたくさんのいのち、病院ロビーに集まり聞いた玉音放送、終戦直後GHQに病院建物をすべて接収されてから返還までの約11年……戦中戦後の稀有な体験をあますことなく語る渾身の一冊です。
 アメリカ軍機が投下した「聖路加は爆撃しない」伝単ビラなど貴重写真も多数掲載しています(2015年9月発表作品)。

あなたにオススメ!

  • いのちの使いかた
  • 知らなかった、ぼくらの戦争
  • いのちの使いかた【新版】
  • ヒトは「いじめ」をやめられな…
  • 金子兜太 いとうせいこうが選…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ