コミック文庫(青年)

美味しんぼ〔小学館文庫〕 63

美味しんぼ〔小学館文庫〕 63
定価
本体619円+税
発売日
判型/頁
文庫/320
ISBN
9784091961631
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/怒りにデザート?(前・後編)▼第2話/土に隠れた宝石(前・後編)▼第3話/牛肉の未来(前・後編)▼第4話/凶器なお野菜▼第5話/桜エビ大作戦(前・中・後編)▼第6話/イカの調味料▼第7話/かなり恥ずかしい食べ物自慢大会▼第8話/“男子"と“餃子"の味付けは?

●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部記者。ふだんはグータラだが、食に関する造詣が非常に深く「究極のメニュー」担当となる)、山岡ゆう子(旧姓・栗田。東西新聞文化部記者。山岡と共に「究極のメニュー」の担当)、海原雄山(厳格な会員制の超高級料亭「美食倶楽部」を主宰する希代の美食家で、陶芸・書道・文筆にも秀でた芸術家。実の息子・山岡とは激しく対立している。帝都新聞の企画「至高のメニュー」を監修)
●あらすじ/後輩の飛沢と難波の喧嘩を皮切りに、山岡の周りで喧嘩が多数勃発。そのとばっちりを受けた士郎は、皆と絶交宣言! チヨからその話を聞いた雄山は、馬鹿馬鹿しいと言いながら「馬術競技の合間に、騎手が馬に角砂糖をやっているのを見たことがある」と独り言のようにつぶやく。それを、苛立っている士郎の心を和らげるには、甘い物が必要という意味に捉えたチヨは…(第1話)。
●本巻の特徴/BSEに揺れる牛肉問題を鋭く突く「牛肉の未来」。本物のトリュフの美味さを追求する「土に隠れた宝石」。飛沢の純愛を成就させるため、士郎が一計を案じる「桜エビ大作戦」など、全8編を収録。
●その他の登場人物/大原大蔵(東西新聞社社主)、小泉鏡一(東西新聞社取締役編集局長)、谷村秀夫(東西新聞社編集局次長兼文化部長)、富井富雄(東西新聞社文化部副部長)、山岡陽士・遊美(士郎とゆう子の間に生まれた双子)

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 92
  • 美味しんぼ 103
  • 美味しんぼ 94
  • 美味しんぼ 93
  • 駐禁ウォーズ!! 5
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ