コミック文庫(青年)

美味しんぼ〔小学館文庫〕 56

美味しんぼ〔小学館文庫〕 56
定価
本体619円+税
発売日
判型/頁
文庫/320
ISBN
9784091961563
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/夏ばて局長命令!▼第2話/情熱の試験▼第3話/幻の紅茶▼第4話/つまらない新年会▼第5話/“旨い"という顔▼第6話/家庭のおやつ自慢大会▼第7話/おむすび対決(前・中・後編)▼第8話/子供自慢喧嘩▼第9話/最高の豚肉(前・中・後編)

●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部記者。ふだんはグータラだが、食に関する造詣が非常に深く「究極のメニュー」担当となる)、山岡ゆう子(旧姓・栗田。東西新聞文化部記者。山岡と共に「究極のメニュー」の担当)、海原雄山(厳格な会員制の超高級料亭「美食倶楽部」を主宰する希代の美食家で、陶芸・書道・文筆にも秀でた芸術家。実の息子・山岡とは激しく対立している。帝都新聞の企画「至高のメニュー」を監修)
●あらすじ/社員食堂の相川料理長が、食堂でおむすびを売りたいので、士郎とゆう子に協力してほしいと相談してきた。不規則な勤務時間の社員にも、テイクアウトで美味しいものを食べてもらいたいと考える相川に、士郎たちも賛成して、早速有志を募ってアイディアを出し合うことに。そこで、みんなの提案するおむすびを聞いていた士郎は、これは“究極"と“至高"の対決の主題になると言い出して…(第7話)。
●本巻の特徴/単純だが日本の食文化の原点・おむすびをテーマに、米と具の組み合わせの妙を“究極"と“至高"が提案する「おむすび対決」。自らの願掛けで50年間肉を断ってきた日本画家・永家が、余命半年を宣告され、大好きだった肉を思い切り食べてみたいと言い出して…「最高の豚肉」など、全9編を収録。
●その他の登場人物/大原大蔵(東西新聞社社主)、小泉鏡一(東西新聞社取締役編集局長)、谷村秀夫(東西新聞社編集局次長兼文化部長)、富井富雄(東西新聞社文化部副部長)、山岡陽士・遊美(士郎とゆう子の間に生まれた双子)

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 103
  • 美味しんぼ 82
  • 美味しんぼ 83
  • 美味しんぼ 88
  • 編集王〔小学館文庫〕 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31