コミック文庫(青年)

100億の男〔小学館文庫〕 6

100億の男〔小学館文庫〕 6
定価
本体667円+税
発売日
判型/頁
A6/320
ISBN
9784091961471
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/門前払い▼第2話/アメリカという国▼第3話/日本人嫌い▼第4話/因果▼第5話/籠絡(ろうらく)▼第6話/琢矢の賭け▼第7話/デリバティブ▼第8話/契約成立▼第9話/砕け散った夢▼第10話/責任の所在▼第11話/買収成功?▼第12話/反目▼第13話/凱旋帰国▼第14話/クーデター▼第15話/裏工作▼第16話/海上の死闘

●主な登場人物/富沢琢矢(平凡な会社員だったが、母の作った100億円もの借金を背負うはめに)、久我山天善(財閥のボスで“財界の闇将軍"と呼ばれる大物。琢矢の母に金を貸した張本人)
●あらすじ/画期的なガラス素材を開発したアメリカのメーカー・ウェルネス社を買収する目的で、単身渡米した琢矢。だが、そこの社長との商談に向かう途中暴漢に襲われ、銃で撃たれてしまう。命は助かったものの持ち物を全て奪われた琢矢は、負傷したままの姿でウェルネス社に赴く。しかし約束の時間に遅れたことで商談は果たせず、失血からその場で気を失ってしまい…(第1話)。
●本巻の特徴/天善率いる国土創成社グループのヤグミ興産社長にまでのし上がった琢矢。天善の命令を受け、ウェルネス社買収のためアメリカに乗り込むも、そこの社長は大の日本人嫌い! さらに上条と組んだ沙貴も同じ目的でやってきて……果たして、琢矢に勝機は?
●その他の登場人物/久我山沙貴(天善の娘。上昇志向が強い)、上条和明(カミジョウコーポレーションの若き社長)、永野(琢矢の秘書)、フェルドマン(ウェルネス社社長)、レイチェル(ウェルネス社研究開発部部長)、エリック(ウェルネス社の元・開発本部長。かつてのレイチェルの上司)、ジョン(エリックの息子。悪い仲間と付き合っている)

あなたにオススメ!

  • 100億の男 9
  • 100億の男 8
  • 100億の男 10
  • 100億の男 3
  • トップレディーを目指せ! 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ