コミック文庫(青年)

100億の男〔小学館文庫〕 4

100億の男〔小学館文庫〕 4
定価
本体667円+税
発売日
判型/頁
A6/320
ISBN
9784091961457
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/琢矢の逆襲▼第2話/大人の遊び▼第3話/打つ手なし!?▼第4話/スキャンダルを作れ!▼第5話/社長夫人▼第6話/証拠捏造(ねつぞう)▼第7話/仕手戦開始▼第8話/大逆転▼第9話/ホテル爆破▼第10話/天善の後継者▼第11話/沙貴の失脚▼第12話/善彦の野望▼第13話/疑惑の関係▼第14話/もう一人の女▼第15話/商談成立▼第16話/決戦前夜

●主な登場人物/富沢琢矢(24歳の会社員。母の作った100億円もの借金を肩代わりさせられるはめに)、久我山天善(財閥のボスで“財界の闇将軍"と呼ばれる大物。琢矢の母に金を貸した張本人)
●あらすじ/25億の手付金を宝石に換え、外国へ高飛びしようとしたマリエを空港で押さえた琢矢。琢矢はその宝石を持って、金持ちの息子たちグループのひとり・真鍋のもとを訪れる。「25億相当の宝石を持ってるんだ。これで勝負しないか?」と賭けを持ちかけた琢矢に対し、真鍋はそれを喜んで承諾。今日全く同じ値の2銘柄の株を1つ選び、一週間後の終値が高かったほうに25億払うという株勝負をすることに…(第1話)。
●本巻の特徴/金持ちの息子たちが興じる、度を越したマネーゲーム。琢矢は金の持つ本当の怖さを彼らに思い知らせようと、その中のひとり・真鍋に1対1の真剣勝負を申し出る! さらに、沙貴の下で大規模ショッピングセンター建設のプロジェクトに関わる琢矢の前に、超強力なライバルが出現して…!?
●その他の登場人物/久我山沙貴(天善の娘。天善の会社・国土創成社の企画開発部長)、前島マリエ(株式会社マエジマ社長のひとり娘。金遣いが荒い女子大生)、根本建治(通称・ショーケン。昔、やり手の証券マンだったが、路上生活者に転落)、久我山善彦(国土創成社の常務取締役。沙貴の兄)、黒河ちずる(24歳。女性建築家)、森下圭(住善地所事業部本部長)

あなたにオススメ!

  • 100億の男 6
  • 100億の男 7
  • 100億の男 5
  • 100億の男 4
  • バカでも資産1億円
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ