コミック文庫(青年)

龍-RON-〔小学館文庫〕 5

龍-RON-〔小学館文庫〕 5
定価
本体714円+税
発売日
判型/頁
文庫/448
ISBN
9784091961259
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/ただの石ころ▼第2話/奇妙な弟子▼第3話/手術のあいだ▼第4話/ロケーション▼第5話/幻の町▼第6話/2000対2▼第7話/甲神翁▼第8話/一寸先▼第9話/警官隊突入▼第10話/朝顔▼第11話/待ちぼうけ▼第12話/娼婦お澄▼第13話/廓(くるわ)にて▼第14話/島原の一日▼第15話/“寒い"をめぐって▼第16話/女郎の顔▼第17話/“寒い"心●主な登場人物/押小路龍(押小路男爵家の長男。武道専門学校を中退し、山寺で剣の道を目指す)、田鶴てい(龍の妻。映画界の新進女優。東北の貧農出身)●あらすじ/スター女優・入沢たき子に見出され、女優としてのスタートを切ったてい。だが、初めて準主役に抜擢された映画の撮影で、脚本に対する疑問を口にし、3日間で答えを出すよう監督に求められる。そして他のシーンを全て撮り終えて迎えた運命の日、OKが出ればクランクアップ、出来なければ役を降ろされる状況の中、ていが出した答えは…?(第1話)●本巻の特徴/銃撃を受け入院中の叔父・卓磨に代わり、争議に揺れる傘下工場の仲裁に立つことになった龍。殺気立つ2000人の労働者を止めることは出来るのか? 一方、一躍スター女優となったていは、プロダクションを旗揚げした入沢の元に住み込み、さらなる演技指導を受けることになるが…!?●その他の登場人物/押小路卓磨(龍の叔父。兄に代わり押小路財閥の経営を担う)、曹徳豊(京都帝大の留学生。自ら志願して龍の弟子に)、日恵(龍の住み込み先・月照寺の住職)、入沢たき子(華族出身のモガ女優兼映画プロダクション社長。ていを女優の世界に導く)

あなたにオススメ!

  • 龍-RON-(ロン) 9
  • 龍-RON-(ロン) 10
  • 龍-RON-(ロン) 11
  • 龍-RON-(ロン) 8
  • 洞口依子 [シノヤマネットS…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ