どんぐりの家 2
定価
639円(税込)
発売日
判型/頁
文庫/336
ISBN
4091960227
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
【第二部】▼第5話/織江▼第6話/翔▼第7話/命の綱▼第8話/子供会▼第9話/ハイキング▼第10話/海▼第11話/母の想い▼第12話/寄宿舎▼第13話/野中先生▼第14話/兄の手▼第15話/笑み▼第16話/ドラえもん▼第17話/祐太▼第18話/できた▼第19話/雪●主な登場人物/早野(境ろう学校重複障害児クラスに勤める男性教師。翔たちの担任)、三田(早野の同僚の若い女性教師)、野中(境ろう学校寄宿舎の寮母)、山田翔・宮井信夫・阪本みどり(聴覚障害と知的障害を併せ持つ子供たち。境ろう学校の生徒)、斉藤ゆり子(境ろう学校の新入生。自閉傾向が強い)、島祐太(風疹難聴児で足も故障している。境ろう学校の生徒)●あらすじ/早野が学生ボランティアだったころ、初めて出会った重度の障害児・織江。年々体力が衰え、いまや口の周りの筋肉しか動かせない彼女だったが、ある夜とうとう意識不明の重態に陥ってしまう。知らせを受けて病院に駆けつけた早野は、彼女の母親らとともに必死で彼女の名を呼び続ける…(第5話)。●本巻の特徴/重複障害の息子・翔を抱えながらも「明るく生きたい」と願い続ける両親。世間の冷たい目にさらされながらも子供会に入り、他の子と触れ合うべくハイキングに参加するのだが…? その他、なかなか排泄が自立できない信夫(第11~15話)、ドラえもんの絵だけを見つめ続けるゆり子(第16話)などのエピソードを収録。

あなたにオススメ!

  • どんぐりの家 2
  • どんぐりの家 3
  • どんぐりの家 4
  • どんぐりの家 6
  • なぜ日本の若者は自立できない…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ