コミック文庫(青年)

ホムンクルス 8

ホムンクルス 8
ためし読み
定価
本体750円+税
発売日
判型/頁
A6判/336
ISBN
9784091960191
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
のっぺらぼうに見える女が、名越の前に!!
新宿西口のカーホームレス名越進、34歳。
医大生の伊藤に選ばれ、トレパネーション(頭蓋骨穴開け手術)の
実験台に・・・・・・そして、その日から左目だけで見た一部の人間が
異様なモノ(ホムンクルス)に見えるようになってしまう。

ロボットに見えたヤクザの組長、記号の女子高生・・・・・・
正面から対峙し、彼らを生身の人間に戻したことで
彼らの“ホムンクルス"を自分の肉体の一部に引き受けて
しまった名越は、自分を異様な世界に引き込んだ
医大生の伊藤と正面からぶつかり合う!!

その結果、伊藤は自分の幼少期の父との確執を、
名越は整形以前の自分自身のことを思い出し、
それぞれの“実感"へと前進し始めたが・・・・・・
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
ホムンクルスが見えなくなって、あせる名越。嫌がっていたはずが
ホムンクルスに執着する名越の迫力は鬼気迫るものがあります。
そして、ホムンクルスが見えなくなった名越に、ただ一人
ころころと顔を変えるホムンクルスに見える女が!
自ら名越に近づいてくる“のっぺらぼう女"からも目が離せません!

あなたにオススメ!

  • ホムンクルス 2
  • ホムンクルス 10
  • ホムンクルス 4
  • ホムンクルス 5
  • スプリガン〔保存版〕 7
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728