コミック文庫(青年)

ホムンクルス 7

ホムンクルス 7
ためし読み
定価
本体750円+税
発売日
判型/頁
A6判/336
ISBN
9784091960184
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
前の顔・・・自分自身に迫り始める名越!!
新宿西口でカーホームレスをしていた名越進、34歳。
医大生の伊藤に選ばれて、トレパネーション(頭蓋骨穴開け手術)の
実験台となったが・・・・・・なんとその日から
左目だけで見ると、一部の人間が異様なモノ〔ホムンクルス〕に
見えるようになってしまう。

ロボットに見えたヤクザの組長、
“砂"改め“記号"の女子高生と正面から対峙し
彼らを生身の人間に戻したことで
自分の肉体の一部に“ロボット"と“記号"を
引き受けてしまった名越は・・・・・・

自分をこの異様な世界に引き込み、“水"に見えていた
医大生・伊藤との対決を試みる。

互いに相手の隠している嘘と、自分も気づいていない真実が
交錯しながら、少しずつ明るみになってきて・・・・・・

自分捜しを決意した名越は、行動を開始するが
その前に立ちふさがるのは・・・!?



〈 編集者からのおすすめ情報 〉
名越が顔を整形していたことを、伊藤に見抜かれて
いたことで、ストーリーが一気に動き始めます。

医大生・伊藤が幼い頃に体験した
グッピーを通しての父親との確執は
真に迫るものがあります。

あなたにオススメ!

  • ホムンクルス 2
  • ホムンクルス 4
  • ホムンクルス 9
  • ホムンクルス 3
  • 20世紀少年 8
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ