ホムンクルス 2
ためし読み
定価
本体780円+税
発売日
判型/頁
A6判/352
ISBN
9784091960139
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
ロボットに見える、ヤクザの組長と対峙!!
カーホームレスだった名越は、70万円の謝礼で
トレパネーションという手術を受ける。
第六感が芽生えるかもしれないという
人体実験だったが、その日から、彼の左目だけで見た
人物が、異様なモノに見えてしまうようになってしまう。
ロボットに見えた、ヤクザの組長と再会した
名越は“指詰め組長"と呼ばれる男と
真剣に対峙することで
その核心に迫っていく・・・・・・
手術をした医大生・伊藤がいう
ホムンクルス(脳の中の小人)とは生き霊であり
心の歪みだという話を半信半疑で聞いていた
名越だったが、伊藤とともに
全身が砂のように見える女子高生と出会い・・・・・・
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
左目だけで見ると、見えてしまうホムンクルス(脳の中の小人)。
心の奥底に沈めてしまった生き霊みたいなものがある
人間が、異様なモノに見えてしまうということを、
少しずつ理解し、自分のためにも対峙していく主人公。
ここに現れる、“ロボット組長"、そして“砂の女子高生"!
その強さは、色あせることをしりません。

あなたにオススメ!

  • ホムンクルス 2
  • ホムンクルス 3
  • ホムンクルス 1
  • ホムンクルス 9
  • 美女で野獣 6
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ