味いちもんめ 16
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/320
ISBN
4091928463
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/下拵え▼第2話/野菜寄せ煮▼第3話/田植え▼第4話/青梅▼第5話/同期生▼第6話/ぼたん鱧▼第7話/甲子園▼第8話/スイトン▼第9話/下足番▼第10話/五平餅▼第11話/黄菊▼第12話/マツタケ▼第13話/板場▼第14話/かくや●主な登場人物/伊橋悟(料亭「藤村」の煮方。お調子者な面もあるが日々成長中)、熊野(「藤村」の花板。通称・親父さん[おやっさん])、ボンさん(「藤村」の油場担当。熟年ながら伊橋とほぼ同期。元は僧侶で遊び人?)●あらすじ/最近「追い回し」の渡辺にどうも元気がない。仕事で悩んでいるという彼を伊橋は叱責し、親父さんに相談するが、その返事は「渡辺のことをもっとよく見てやれ」というそっけないもの。渡辺への対応に悩む伊橋だったが、そんなある日、厨房から渡辺の姿が消え、後には割れたスリ鉢が…(第1話) 。●本巻の特徴/四季折々、季節の料理を扱う料亭「藤村」。訪れる人々にも四季折々色々な事情があるようで…。弟を捜す大蔵官僚、不味い料理をリクエストする男達、おっちょこちょいな新人仲居他、おなじみのメンバーが織りなす、板前修業物語第16集!!●その他の登場人物/谷沢誠(「藤村」の立板。伊橋と同い年だが「藤村」では3年先輩)、黒田(「藤村」の焼方)、渡辺(「藤村」の追い回し。元は激安ショップ店員)

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 23
  • 味いちもんめ 24
  • 味いちもんめ 27
  • 味いちもんめ 32
  • オデッセイ 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ