味いちもんめ 8
定価
639円(税込)
発売日
判型/頁
文庫/320
ISBN
4091928285
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/さやえんどう▼第2話/祝婚▼第3話/芋煮会▼第4話/うるか▼第5話/天丼▼第6話/合わせ味噌▼第7話/調和▼第8話/求人▼第9話/師走▼第10話/部屋捜し▼第11話/あしらい▼第12話/鯵(あじ)▼第13話/鮟肝(あんきも)▼第14話/ぼた餅▼第15話/おにぎり▼第16話/かき揚げ▼第17話/焚合わせ●主な登場人物/伊橋悟(料亭「藤村」の焼場担当。お調子者な面もあるが日々成長中)、熊野(「藤村」の花板。通称・親父さん[おやっさん])、ボンさん(「藤村」の油場担当。熟年ながら伊橋とほぼ同期。元は僧侶で遊び人?)●あらすじ/谷沢の結婚が決まり、これまで伊橋と共同で住んでいたアパートを引き払うことになった。そこで谷沢と伊橋が大家のもとへ挨拶に行くと、思いがけず「谷沢さんの送別会をやろう」ということに。実はこの大家の老夫婦、これまで都内で野菜作りもしていたのだが、とある事情で今年を最後にやめることを決めており…(第1話)。●本巻の特徴/長友が「藤村」を去ることになり、新たな追い回しを求人することになったものの、なかなか見つからない。そんなある日、伊橋が街を歩いていると、交番で包丁を持った少年がなにやら取調べを受けていた。板前めざして家出してきた高校中退の少年・黒田は、親父さんの出す"試験"に合格できるのか?…第8話「求人」他、全17話を収録。●その他の登場人物/坂巻(「藤村」の立板。伊橋たちを厳しく指導するNo.2。通称・兄さん)、谷沢誠(「藤村」の煮方。伊橋と同い年だが「藤村」では3年先輩)、長友泰典(「藤村」の追い回し。合理的な性格)

あなたにオススメ!

  • 味いちもんめ 1
  • バチワレ!いさ 4
  • 味いちもんめ 22
  • 味いちもんめ 32
  • バチワレ!いさ 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ