コミック文庫(青年)

ギャラリーフェイク〔小学館文庫〕 7

ギャラリーフェイク〔小学館文庫〕 7
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/312
ISBN
4091926673
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/されど額縁▼第2話/湯乃華と雪乃華▼第3話/ガウディズ・ゴースト▼第4話/野外美術館始末記▼第5話/イタチの辰蔵▼第6話/頽廃都市[前編・ウィーン、中編・ベルリン、後編・ベルリン→ウィーン]▼第7話/TIN TOY刑事(デカ)▼第8話/山水の星▼第9話/ロンドン編[#1:レディー・サラ、#2:Propose to you、最終話:プレシャス レディー]●主な登場人物/藤田玲司(メトロポリタン美術館の元学芸員で、贋作専門の画廊“ギャラリーフェイク"のオ-ナ-)、サラ・ハリファ(Q首長国の王族の娘で、フジタの秘書)、三田村小夜子(28歳にして高田美術館館長に就任した才女)●あらすじ/洋画を飾るのに欠かせない額縁。絵画に時代ごとの様式があるように、額縁にも国や時代によって様々な様式が存在する。そんな額縁の世界で、フジタも認める品質を誇る“三島額装"に、ハルオという若い職人がいた。ハルオは親方の娘・ヒトミに想いを寄せていたが、内気な性格が災いして、彼女からは単なるアッシー扱い。そんなある日、美大に通うヒトミが“ギャラリーフェイク"でグループ展を行なうことになったが、そこでハルオの額縁をめぐって騒動が…(第1話)。●本巻の特徴/5年前、ウィーンで出会った貧乏画家・ギュンターから、彼の母国ドイツに招かれたフジタ。かのヒトラーの風景画を彷彿させる絵を描いていた男は今、ネオナチの幹部となっていた! かつてヒトラーが催した「大ドイツ芸術展」を再現するための絵画の発注を頼まれたフジタは…?[頽廃都市]▼ロンドンに1週間出かけることになったフジタ&サラは、そこでサザビーズに勤めるチャーリーと出会う。“後家殺し"と呼ばれる彼だが、サラに本気で恋して遂にプロポーズを! 旧友・チャーリーの積極さに、フジタはこのまま身を引いてしまうのか…?[ロンドン編]など全9話を収録。●その他の登場人物/大沢ちえり(ツアーコンダクター。行く先々でよくフジタに出会う)、高倉(八曲署刑事。ブリキ玩具のコレクター)

あなたにオススメ!

  • ギャラリーフェイク 10
  • ギャラリーフェイク 9
  • ギャラリーフェイク THE …
  • ギャラリーフェイク 1
  • モナ・リザ・ウイルス 下
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ