釣りバカ日誌 14
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/312
ISBN
4091926347
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/瞼の母は幻の…?▼第2話/煙の因(もと)は落葉焚き…▼第3話/心にそっと燒けボックイ▼第4話/三課の大物トレード▼第5話/こいつぁ春から大変だ!!▼第6話/取引停止・吸収合併…!?▼第7話/佐々木さんのユウウツ▼第8話/春一番▼第9話/大勝負!!▼第10話/浜崎(ハマ)ちゃんシェーッ!!▼第11話/人事(じんじ)は人事(ひとごと)▼第12話/煮ても焼いても新課長▼第13話/新課長の小判鮫▼第14話/三課の亀裂●主な登場人物/浜崎伝助(中堅建設会社に勤める、釣りバカで万年ヒラのペケ社員。通称“ハマちゃん")、鈴木一之助(鈴木建設社長。通称“スーさん")、佐々木和男(鈴木建設の営業部長兼営業三課長)、浜崎みち子(伝助には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助とみち子の間に生まれた可愛いひとり息子)●あらすじ/毎年恒例となった鈴木社長による年頭挨拶。企業間で進む人材のトレードについて語る社長の真意をめぐって、さっそく社内のあちこちで議論が交わされる。そんな中、稲川と名乗る人物から「ハマちゃんをトレードしたい」という電話がかかってきた! まさか大会社の社長とも知らず、電話を受けた佐々木さんは軽くOKを出すが…(第5話)。●本巻の特徴/鈴木建設に広まる“大型トレード"の噂。だが不思議なことに、社員の誰を、どこの会社が引き抜こうとしているのか、会社の重役でさえ全く分からない。あの冷徹な鈴木社長を大慌てさせるほどの超大物、果たしてその人物とは…? そしてトレードは成立してしまうのか…?●その他の登場人物/土井光三(丸菱銀行頭取)、稲川春男(日本電々総裁)、千田(料亭のあるじ。土井・稲川と共にスーさんの学友)、松尾(床屋に勤める青年。伝助の釣り仲間)、多胡(スーさんの甥。常務取締役)、秋山(営業担当重役)、久米(管材部次長。佐々木さんのライバル)

あなたにオススメ!

  • 釣りバカ日誌 19
  • 釣りバカ日誌 20
  • 釣りバカ日誌 22
  • 釣りバカ日誌 18
  • なぜか笑介(しょうすけ) 2…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31