釣りバカ日誌 12
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/312
ISBN
4091926320
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/朝本課長の差し押え▼第2話/禁釣関係▼第3話/勝手な思惑、はた迷惑▼第4話/魚々実々▼第5話/言い分、イーブン▼第6話/勝負あったか、残ったか?▼第7話/泣き一回の延長戦▼第8話/ノーサイドの笛が聞こえなかったか!?▼第9話/公私のケジメもなんのその▼第10話/戦いすんで出社して▼第11話/噂▼第12話/大丈夫? マイカンパニー▼第13話/船上の4人▼第14話/春一番の…?●主な登場人物/浜崎伝助(中堅建設会社に勤める、釣りバカで万年ヒラのペケ社員)、鈴木一之助(鈴木建設社長。通称“スーさん")、佐々木和男(鈴木建設営業部長代理)、浜崎みち子(伝助には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助とみち子の間に生まれた可愛いひとり息子)●あらすじ/伝助が釣りの接待でミスをしてしまい、その報告に朝本課長のもとへ行く。当然叱責があるものと思いきや、課長は「済んだことはしょうがない」と全く咎めず、笑顔さえ見せる。三課の面々が、これを新課長の器量の大きさと取るか、最古参の伝助に対するへつらいと取るか意見が分かれる中で、当の課長は伝助のフォローをすると言って会社をあとにする。その行き先は、なんと伝助の自宅……!?(第1話)●本巻の特徴/新課長の朝本さんは、釣りの話も聞きたくないというほどが釣りが大嫌い。そんな朝本さんが、伝助のあまりの釣りバカぶりを見かねて、なんと伝助の大事な釣り具の差し押さえを決行する…! 当然のように怒り狂う伝助。三課に波乱のバトル勃発か…?●その他の登場人物/朝本一郎(営業三課課長)、宗優介(営業三課勤務。東大卒)、松尾(床屋に勤める青年で伝助の釣り仲間)

あなたにオススメ!

  • 釣りバカ日誌 17
  • 釣りバカ日誌 16
  • 釣りバカ日誌 15
  • 釣りバカ日誌 18
  • いいひと。 6
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ