釣りバカ日誌 7
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/312
ISBN
4091926274
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/竜馬が如く▼第2話/視察…?▼第3話/いざ、我が釣敵(とも)よ!!▼第4話/それはないぜよ浦ノ内▼第5話/あえて言うなら会社の方針…!?▼第6話/あけましておめで鯛(たい)!!▼第7話/ヒラのままでも本社栄転…?▼第8話/さらば釣友▼第9話/ドモドモ課長!!でカムバック▼第10話/10年目の同期会▼第11話/噂のシーズン▼第12話/多胡氏のあとがま▼第13話/新入社員の教育係!?▼第14話/五月晴れと五月病●主な登場人物/浜崎伝助(中堅建設会社に勤める、釣りバカで万年ヒラのペケ社員)、鈴木一之助(鈴木建設社長。通称“スーさん")、浜崎みち子(伝助には過ぎた明るく賢い奥さん)、浜崎鯉太郎(伝助とみち子の間に生まれた可愛いひとり息子)、佐々木和男(鈴木建設営業三課課長)●あらすじ/四国支社に異動した伝助に会いたくてしょうがないスーさん。視察旅行という口実で伝助との釣行を画策するが、肝心の伝助がすれ違いで帰京したと知って、すっかり落ち込んでしまう。せっかく高知までやって来たのに、このまま会わずじまいになってしまうのか…!?(第3話) ●本巻の特徴/前巻で四国に単身赴任となってしまった伝助。普通なら落ち込む所だが、そこはやっぱり根っからの釣りバカ。釣り天国・高知で、さっそく新たな釣り仲間を作り、毎日をルンルン気分で過ごす伝助。そんな時スーさんが、伝助に会いたい一心でとんでもない“公私混同"をやらかして…!?●その他の登場人物/多胡賢一郎(次期社長と目される鈴木社長の甥)、野島(四国で出会った釣り仲間の一人)、宗優介(東大卒で営業三課の新人)

あなたにオススメ!

  • 釣りバカ日誌 9
  • 釣りバカ日誌 10
  • 釣りバカ日誌 8
  • 釣りバカ日誌 14
  • だから笑介 18
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ