14歳 7
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/328
ISBN
4091925871
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第4章/地球重態(27)~(28)▼第5章/子ども選び(1)~(18)●主な登場人物/チキン・ジョージ(バイオ鶏肉のササミ細胞から誕生した天才科学者)、岬一郎(日本国総理大臣)、アーサー・ヤング(アメリカ合衆国大統領)●あらすじ/ 不老不死の研究に失敗した経済界の黒幕・ローズ。彼は実験の副産物として生み出された人工人間を商品化しようと、岬総理のもとに人間を精巧にコピーした秘書を送りつける。「3歳以下の子どもの寿命が、すべて14歳で尽きる」と不吉なことを告げる秘書を、岬はすぐに偽物と見破るが…(第4章・27話)。●本巻の特徴/破滅の序曲が鳴りひびく近未来の地球。だが、人々は未だその事実を知らされず、人工人間「もの」同士によるアトラクション“殺人プロレス"の異様な興奮に酔い痴れていた。この状況のなか、各国政府は生命を宇宙に逃れさせる決定を下した。だが、ロケットに乗せられるのはごく少数であり、優秀な子どもだけを選ぶほか選択肢がなかった。極限の状況に追い込まれた権力者たちの下した決定は!?●その他の登場人物/ローズ(世界経済を牛耳る影の権力者)、タロウ(岬総理の息子)、アメリカ(ヤング大統領の息子。緑色の髪の毛を持つ)、戸川ヨッコ(女子高生。14歳のとき子供を産んでいる)、戸川きよら(ヨッコの息子。3歳)

あなたにオススメ!

  • 14歳(フォーティーン) 9
  • 14歳(フォーティーン) 1…
  • 14歳(フォーティーン) 1…
  • 14歳(フォーティーン) 1…
  • 14歳(フォーティーン) 5
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ