コミック文庫(青年)

美味しんぼ〔小学館文庫〕 24

美味しんぼ〔小学館文庫〕 24
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/296
ISBN
4091925243
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/豊穣なる大地(前編)(中編)(後編)▼第2話/栗騒動▼第3話/感動 の料理▼第4話/おかず対決(前編)(中編)(後編)▼第5話/キノコの真実▼第 6話/柚餅子の縁▼第7話/魔法の毛抜き▼第8話/年越し鴨南蛮▼第9話/努力の 和三盆●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員。膨大な食の知識を持つ。東西 新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)、栗田ゆう子(東西新聞文化部 員。山岡と共に「究極のメニュー」を担当する)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家 であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父だが、激しく対 立する。帝都新聞の企画「至高のメニュー」を担当)●あらすじ/「究極VS至高」の 2度目のオーストラリア勝負のため、山岡たちはサウス・オーストラリアへ向かっ た。キジ、ハト、仔羊の脳味噌、ウィチェッティ・グラブ(芋虫)など、日本では食 べる機会の少ないものを試食してみた結果、山岡が考えついたのは鮫の天丼。オース トラリアでは日常的に食されている鮫を、これまた同国ではもっともポピュラーな飲 み物であるビールを使った衣で揚げた、オリジナル天丼だ。一方の海原雄山は、非常 に高価な100年物のポート・ワインで作った赤ワインソースによる、カンガルーの肉 料理を出してきた。審査員たちの評価ははたして…!?(第1話)●本巻の特徴/第1 話「豊穣なる大地」の他、マロン・グラッセ(第2話)、赤貝のキウイソース(第3 話)、キノコ鍋(第5話)、柚餅子(ゆべし)柚子味噌(第6話)、アジの押し寿司 (第7話)、鴨南蛮(第8話)、砂糖の中の最高峰といわれる讃岐の和三盆糖(第9 話)など、様々な食材や料理をテーマにした全9話を収録。山岡と雄山の「究極のメ ニューVS至高のメニュー」勝負は、第4話「おかず対決」でも描かれる。●その他の 登場人物/大原大蔵(東西新聞社社主)、谷村秀夫(東西新聞社文化部部長)、富井 富雄(東西新聞社文化部部副部長)、二木まり子(『東西グラフ』の新企画「世界味 めぐり」の担当者で、日本でも屈指の家系を誇る二木家のお嬢様。山岡に興味を持 ち、盛んにアタックする)、近城勇(挑戦精神にあふれたフリー・カメラマン。「世 界味めぐり」のスタッフ。ゆう子との仲を取り持ってくれるよう、山岡に頼むが …)、団一郎(『週刊タイム』を発行する大研社の若き新社長。

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 35
  • 美味しんぼ 25
  • 美味しんぼ 22
  • 美味しんぼ 103
  • ラーメン発見伝 12
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ