コミック文庫(青年)

美味しんぼ〔小学館文庫〕 19

美味しんぼ〔小学館文庫〕 19
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/320
ISBN
4091925197
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/父のコロッケ▼第2話/メゴチの局長▼第3話/ピザの横綱▼第4話/素直な味▼第5話/日本料理の理▼第6話/残されたベーコン(前編)(後編)▼第7話/長寿料理対決(1)~(7)●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員。膨大な食の知識を持つ。東西新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)、栗田ゆう子(東西新聞文化部員。山岡と共に「究極のメニュー」を担当する)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父だが、激しく対立する。帝都新聞の企画「至高のメニュー」を担当)●あらすじ/東西テレビが、社員食堂の味を競う「社員食堂オリンピック」という番組を企画した。東西テレビと関係の深い東西新聞は、当然のごとく参戦。出演を依頼された山岡とゆう子は、社員食堂の料理長・相川と共に、規定種目のコロッケについて対策を練る。相川はクリームコロッケ、カレーコロッケ、蟹コロッケなど、手のこんだものを提案。だが山岡は、なんの変哲もない、ジャガイモのコロッケを作るようすすめる。結果は見事、優勝! さらに、テレビで放映されたその番組を見て、かつて相川に愛想を尽かし、離れて暮らしていた相川の妻子が戻ってくる(第1話)。●本巻の特徴/上記「父のコロッケ」の他、メゴチの天ぷら(第2話)、シカゴ・ピザ(第3話)、ユバのグラタン(第4話)、鯛のお造り(第5話)、ベーコン鍋(第6話)など、様々な食材や料理を題材にした全7話を収録。また、山岡と海原雄山の「究極のメニューVS至高のメニュー」対決の今回のテーマは、「長生きのための料理」。世界一の長寿地域といわれる沖縄を訪ね、その秘密を探る、全7回にわたる力作だ。料理だけでなく、シーサーなどの生活文化や、石垣島の自然破壊問題にも言及されている点に注目。●その他の登場人物/大原大蔵(東西新聞社社主)、谷村秀夫(東西新聞社文化部部長)、富井富雄(東西新聞社文化部部副部長)、二木まり子(『東西グラフ』の新企画「世界味めぐり」の担当者で、日本でも屈指の家系を誇る二木家のお嬢様。山岡に興味を持ち、盛んにアタックする)、近城勇(挑戦精神にあふれたフリー・カメラマン。「世界味めぐり」のスタッフ)

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 27
  • 美味しんぼ 28
  • 美味しんぼ 81
  • 美味しんぼア・ラ・カルト 3…
  • おおわだ保育園のアレルギー除…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ