コミック文庫(青年)

美味しんぼ〔小学館文庫〕 10

美味しんぼ〔小学館文庫〕 10
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/304
ISBN
4091925103
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/北海の幸▼第2話/ビールと枝豆▼第3話/ぼけとつっこみ▼第4話/骨のない魚▼第5話/母なるりんご▼第6話/ポテトボンボン▼第7話/秋刀魚(さんま)の味▼第8話/レモンと健康▼第9話/椀方試験(前編)(後編)▼第10話/究極VS至高(前編)(中編)(後編)▼第11話/家族の食卓
●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員。膨大な食の知識を持つ。東西新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)、栗田ゆう子(東西新聞文化部員。山岡と共に「究極のメニュー」を担当する)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父だが、激しく対立する)
●あらすじ/美食倶楽部の新米・宮井は、熱心な仕事ぶりで雄山にも認められていた。そんな彼の仕事の一つは、昆布の整理。だが、ある日、宮井が昆布を出そうと調理場の戸棚を開けると、中からゴキブリが。しかも昆布には、ゴキブリが齧ったような穴が開いていた。それを知った雄山は「掃除がいい加減だからだ」と激怒。宮井にクビを言い渡す。しかし、実際に昆布の穴を見た雄山は、宮井を呼び戻すよう指示を出した…(第1話)。
●本巻の特徴/本巻以降の『美味しんぼ』のメインモチーフとなる「究極のメニューVS至高のメニュー」対決が、遂にスタート。初対決のテーマは「卵を使った前菜」だ。山岡と雄山の、そして東西新聞と帝都新聞の全面対決の火蓋が切って落とされる! この他、黒大豆の枝豆、どじょう料理とごぼう、アップルティーとアップルパイ、ポム・スフレ、さんま、レモン、しじみのすまし汁、スペアリブなどをテーマにした全11話を収録。「椀方試験」では、しじみの本場である島根県・宍道湖を破壊する淡水化計画の問題点を提示している。初出は1987~88年。
●その他の登場人物/大原大蔵(東西新聞社社主)、谷村秀夫(東西新聞社文化部部長)、富井富雄(東西新聞社文化部部副部長)

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 14
  • 美味しんぼ 15
  • 美味しんぼ 76
  • 美味しんぼ 82
  • ラーメン発見伝 5
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ