コミック文庫(青年)

美味しんぼ〔小学館文庫〕 9

美味しんぼ〔小学館文庫〕 9
定価
639円(税込)
発売日
判型/頁
文庫/320
ISBN
409192509X
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/豆腐の花▼第2話/日本風カレー(前編)(後編)▼第3話/熱烈小籠包▼第4話/非常食▼第5話/激闘鯨合戦(1)~(5)▼第6話/料理と絵ごころ▼第7話/柔らかい酢▼第8話/涼風そうめん▼第9話/あわび尽し▼第10話/にんにくパワー
●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員。膨大な食の知識を持つ。東西新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)、栗田ゆう子(東西新聞文化部員。山岡と共に「究極のメニュー」を担当する)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父だが、激しく対立する)
●あらすじ/落語家として腕を上げてきた快楽亭ブラックは、喜びと苦しみを同時に抱え込んでいた。喜びはテルエという恋人ができたこと。そして苦しみは、そのテルエが肝臓を壊し入院していることだった。食欲が戻らないテルエの喉を通るのは味噌汁だけ。ブラックは、より栄養のあるポタージュを勧めるが、江戸っ子のテルエは「ポタージュなんて外国の食い物なんかまっぴらだい!!」と受け付けない。なんとかしてテルエを回復させたいブラックは、山岡の協力を仰ぐ(第1話)。
●本巻の特徴/本巻のメインとなるのは、全5回に渡る力作「激闘鯨合戦」。海外からの一方的な圧力で、壊滅状態になりつつある日本の捕鯨。だがその裏には、反捕鯨運動組織の大いなる欺瞞があった。動物愛護、自然保護、経済・外交問題、そして日本の文化といった多くのテーマを内包したこの問題を鋭く描き、真実を暴く。その他、小麦粉を使った日本風のカレー、小籠包(シャオロンパオ)、撈餅(ローピン=中国風のパイ)、オコゼ、鯖ずし、そうめん、あわび、にんにくなどをテーマにした10編を収録。食べ物や料理の知識が得られると同時に、それにまつわるハートウォーミングな人間ドラマも楽しめ、また現代の日本で散見される「食文化」の問題点にも鋭く迫る、文庫版第9集。初出は1987年。
●その他の登場人物/大原大蔵(東西新聞社社主)、谷村秀夫(東西新聞社文化部部長)、富井富雄(東西新聞社文化部部副部長)

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 13
  • 美味しんぼ 12
  • 美味しんぼ 77
  • 美味しんぼ 86
  • オリンピック日本代表の食事プ…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031