コミック文庫(青年)

美味しんぼ〔小学館文庫〕 6

美味しんぼ〔小学館文庫〕 6
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/312
ISBN
4091925065
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/SALT PEANUTS(前編)(後編)▼第2話/愛の納豆▼第3話/鮎のふるさと▼第4話/スープと麺(前編)(中編)(後編)▼第5話/二代目の腕▼第6話/ハンバーガーの要素(前編)(後編)▼第7話/食べない理由(前編)(後編)▼第8話/再会の丼▼第9話/黒い刺し身
●主な登場人物/山岡士郎(27歳。東西新聞文化部員。膨大な食の知識を持つ。東西新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)、栗田ゆう子(22歳。東西新聞文化部員。山岡と共に「究極のメニュー」を担当する)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父)
●あらすじ/ゆう子たちを連れて、学生の頃によく行った渋谷のジャズ喫茶「SALT PEANUTS」を久しぶりに訪れた山岡。おつまみに出てくるお手製のソルトピーナツは、昔と変わらず絶品だった。だが、マスターは、これまでに集めた貴重なレコードの数々を山岡たちに譲るという。客がすっかり減ってしまったため、店を辞めようと思っていたのだった…(第1話)。
●本巻の特徴/中国料理店のメニューの中で、冷やし中華は“邪道"なのか!? この問題に取り組んだ「スープと麺」。あふれる才能を持ちながら美食倶楽部を辞め、ハンバーガーショップを開こうという料理人・宇田の話「ハンバーガーの要素」。日本へやって来た中国残留孤児が、幼い頃に食べた刺し身の記憶をきっかけに肉親と再会する感動編「黒い刺し身」。この他、納豆、鮎の天ぷら、中国に伝わる高級なスープ・仏跳牆(フアッテューチョン)、牛丼などをテーマにした全9話を収録。食べ物や料理の知識が得られると同時に、人間ドラマも楽しめる文庫版第6集。初出は1986~87年。
●その他の登場人物/大原大蔵(東西新聞社社主)、谷村秀夫(東西新聞社文化部部長)、中松警部(銀座署の鬼警部。山岡たちの友人)

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 8
  • 美味しんぼ 9
  • 美味しんぼ 65
  • 美味しんぼ 49
  • 忘却のサチコ 9
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ