コミック文庫(青年)

美味しんぼ〔小学館文庫〕 5

美味しんぼ〔小学館文庫〕 5
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/336
ISBN
4091925057
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/日本のコンソメ▼第2話/牛肉の力▼第3話/究極の作法▼第4話/氷菓と恋▼第5話/茶人といちご▼第6話/手先の美▼第7話/大豆とにがり▼第8話/天然の魚▼第9話/黄身と白身▼第10話/ボクサーの苦しみ(前編)(後編)▼第11話/飲茶(ヤムチャ)(前編)(後編)
●主な登場人物/山岡士郎(27歳。東西新聞文化部員。膨大な食の知識を持つ。東西新聞の壮大な企画「究極のメニュー」の作成を担当)、栗田ゆう子(22歳。東西新聞文化部員。山岡と共に「究極のメニュー」を担当する)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父)
●あらすじ/透視、物品移動、タイムスリップなどができる超能力者、クリス・ヴォーンが来日し、山岡たちは取材にあたる。その席で、日本料理に興味を持つクリスは「日本の吸い物の話を聞きたい」と言う。きちんとした吸い物を作るのに必要なのは、上質の昆布とカツオブシ。しかしその産地は北海道と鹿児島だ。クリスはそれを一日のうちに見るため、時間と空間を操り、みんなをまず鹿児島へ瞬間移動させる…。「美味しんぼ」としては非常に異色な、SFテイストの作品(第1話)。
●本巻の特徴/文化としての「食器」に注目し、箸の製造と作法を取材した「究極の作法」。アイスクリームショップの経営者・歌子に恋した中松警部のために、山岡たちが協力する「氷菓と恋」。アメリカからやって来た料理研究家・ブラックが本物の豆腐について熱弁をふるう「大豆とにがり」。目玉焼きにこだわる者たちによる“国際目玉焼き会議"の様子を軽妙に描いた「黄身と白身」。その他、ステーキ、にぎり寿司、鯛、野菜だけを使ったフルコース料理、飲茶などをテーマにした11編を収録。山岡と雄山の対決も熱を帯びる文庫版第5集。初出は1986年。
●その他の登場人物/大原大蔵(東西新聞社社主)、谷村秀夫(東西新聞社文化部部長)、中松警部(銀座署の鬼警部。山岡たちの友人)、快楽亭ブラック(本名ヘンリー・ジェームス・ブラック。ロスから日本へやって来た料理研究家。落語に魅せられ、快楽亭八笑に弟子入りし、落語家に)

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ 7
  • 美味しんぼ 68
  • 美味しんぼ 6
  • 美味しんぼ 12
  • 中国と 茶碗と 日本と
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ