メドゥーサ 8
定価
639円(税込)
発売日
判型/頁
文庫/344
ISBN
4091924484
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/殺戮者たちの契約▼第2話/殺戮者からの招待状▼第3話/初公判で▼第4話/ワンマン・アーミー▼第5話/ラスト・ステージ▼第6話/中央制御室の神▼第7話/悪魔の要求▼第8話/官邸の決断▼第9話/榊麗子の臨海▼第10話/光と闇I▼第11話/光と闇II▼第12話/闇の祝祭I▼第13話/闇の祝祭II▼第14話/決着▼第15話/あと3分▼第16話/メドゥーサ
●主な登場人物/榊龍男(新党「創樹会」の党首で、内閣総理大臣。榊陽子の義兄)、榊陽子(「メドゥーサ」というニックネームを持つ、元・城東大学全闘委。日本政府高官用高級娼館「ローズ・ガーデン」疑惑の容疑者)、山路敏彦(元城東大学全闘委。パレスチナの過激派グループに属しムハマドと名乗る、パレスチナ全グループはもちろん、世界中か ら狙われるはぐれ狼)
●あらすじ/イスラエルとパレスチナの和平調印の日。セビリア警察当局の厳重な警戒をあざ笑うかのように、パレスチナ代表・パダウィ議長が狙撃された。犯人はムハマドこと、元城東大学全闘委の過激派・山路敏彦。その山路に、ローズ・ガーデン疑惑の贈賄側の最重要人物・バンダルは、榊陽子の殺害を依頼。陽子への積年の愛憎からそれを引き受けた山路は、セビリアから日本へと向かう(第1話)。
●本巻の特徴/ローズ・ガーデン疑惑の件で正式逮捕された陽子は、政界浄化のため公判で真実を語ろうとしていた。しかし初公判の日に、武装した山路に捕らえられてしまう。大量殺戮を繰り返しながら、原子力発電所へと向かったう山路は、原発の中枢を占拠し、龍男に1人でやって来るよう要求する。来なければ原発を爆破すると宣言。原発が爆破されれば、東京はおろか日本はあっと言う間に壊滅してしまう。山路は、龍男もろとも日本を壊滅させることで、陽子を取り戻そうとしていたのだった。麗子の制止を振り切り、原発へと向かう龍男と、山路の最後の対決が始まる。緊迫した状況の中、壮大なスケールで展開する完結集。
●その他の登場人物/榊麗子(龍男の妻)、寺田徹(フリージャーナリスト。親友である龍男をサポートする)

あなたにオススメ!

  • メドゥーサ 12
  • メドゥーサ 11
  • メドゥーサ 6
  • メドゥーサ 5
  • 憂国のラスプーチン 5
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ