わたしは真悟 2
定価
639円(税込)
発売日
判型/頁
文庫/328
ISBN
4091924328
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
PROGARAM2[学習]▼第6話/マ・リ・ン▼第7話/パズル▼第8話/ゴミ▼第9話/ワードプロセッサー▼第10話/眼▼第11話/無人工場▼第12話/メッセージ▼第13話/プレイバック▼第14話/可変シーケンス▼第15話/数値制御▼第16話/回答▼第17話/333▼第18話/どこへ▼第19話/333メートルの天国▼第20話/マイナス30
●登場人物/近藤さとる(父親の工場にやって来たロボット“モンロー"に興味を持つ小学6年生の男の子)、山本まりん(さとるの父親が勤める工場で、さとると偶然出会った少女。父親は外交官)
●あらすじ/さとるとまりんは、駅で待ち合わせをして、父親の工場へ“モンロー"を見に行った。以来、さとるとまりんが何度も待ち合わせをしているのを見た近所の人たちは、さとるのことを「愛に飢えているいやらしい子供」と噂する。その噂を聞いたさとるの母親は、まりんのもとに向かうさとるを引き止めた。母親を振り払って駅に向かうさとるだったが、まりんは父親の仕事の都合でイギリスに行くことが決まっていた(第1話)。▼さとるとまりんのことはクラスでも噂になっていた。夏休みが終わり、学校に向かったさとるは、すぐにクラスメイトから「恋人と会っていたから、やってきた宿題の量が少ないんだ」と冷やかされる。さとるは頭にきた「宿題は“モンロー"にやってもらった」と言ってしまう。クラスメイトから「“モンロー"が宿題をやった証拠を見せてみろよ」と問い詰められたさとるは……(第2話)。

あなたにオススメ!

  • わたしは真悟 2
  • わたしは真悟 3
  • わたしは真悟 1
  • いいひと。 1
  • よいこ 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ