カムイ外伝 9
定価
本体629円+税
発売日
判型/頁
文庫/352
ISBN
409192249X
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
カムイ伝」の側面を飾る娯楽大作
▼第三部・盗人宿 ▼第三部・掛け捕り ●登場人物/カムイ(公儀隠密だったが、現在は抜け忍となり追忍に死の追及を受ける) ●あらすじ/追忍たちとの戦いで瀕死の重傷を負い、雪山の中で倒れていたカムイは、山宿の番人に助けられる。その山宿には、記憶喪失だった娘・アキを売春宿から足抜けさせるために一肌脱いでもらった竜神の安兵衛がいた。カムイは、ひと目で安兵衛の本質(人柄)を見抜き、信じていたため、ケガが癒えるまでしばらくそこで静養することにする。安兵衛が持ってきてくれる薬と、そこの湯の効力でカムイの傷もだいぶ癒えた頃、役人を装ったカムイへの刺客が現われる。間一髪で安兵衛が彼らを始末するが、これ以上皆に迷惑はかけられないと、カムイは姿を消してしまう(盗人宿)。▼かつては“抱き捕りの清次"として、魚捕りに関しては右に出る漁師はいなかった清次だが、今ではすっかり年を取り、僅かばかりの魚を捕って細々と暮らしている。ある日、持病の心臓発作で倒れてたところを偶然に居合わせたカムイに助けられ、一緒に暮らすようになる。カムイのたぐいまれなる才能に目を付けた清次は、鮎の抱き捕りや鱒の掛け捕りといった独特の漁法をカムイに教える。しかし、いつからか怪しい犬がカムイたちのまわりをうろつくようになり…(掛け捕り)。 ●本巻の特徴/“金の無い者からは盗まない、命は取らない"を掟とした盗人集団・鬼火の“命いっぱい気張った生き様"が描かれる(盗人宿)。 ●その他の登場人物/盗賊鬼火の頭・五郎造(盗人宿)、小頭・竜神の安兵衛(盗人宿)、小頭・飯盛の吉次(盗人宿)、小頭・海坊主の松造(盗人宿)、抱き捕りの清次(掛け捕り) ●その他のデータ/飯綱落とし(盗人宿)、夙流変移抜刀霞斬り(盗人宿)、卍投げ(掛け捕り)、風(ちぎり)鳴り(掛け捕り)、変わり身の術(掛け捕り)

あなたにオススメ!

  • カムイ伝全集 第一部 12
  • カムイ伝 10
  • カムイ伝 12
  • カムイ伝全集 第一部 11
  • 死ぬがよく候〈三〉 花
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28