カムイ外伝 3
定価
692円(税込)
発売日
判型/頁
文庫/352
ISBN
4091922430
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第二部・スガルの島▼第3話/はなふい▼第4話/双忍▼第5話/月日貝▼第6話/抜け狩り▼第7話/十文字霞くずし
●登場人物/カムイ(公儀隠密だったが現在は抜け忍となり、追忍に死の追及を受ける)
●あらすじ/命を助けてもらった半兵衛と漁に出たカムイ。しかし、昨夜自分の命を狙った者が秘太刀・夙流霞斬りを使ったことが気になって仕方がない。そんな折り半兵衛は、漁師の命ともいえる自分の疑似鉤が、領主の馬の蹄で作ったことをカムイに打ち明ける。かくしてその疑似鉤を使っての漁は大漁で、カムイは漁の面白さに魅せられる。だが島には、領主の馬を殺した者を捕まえるために役人たちがやってきた…(第3話)。▼一緒に生活を営みながらもカムイを信じず、執ように攻撃し続けたスガルとも分かりあえ、半兵衛一家と家族同様に暮らすカムイ。半兵衛の娘・サヤカとの間にも淡い恋心が芽生え、幸せで充実した毎日だった。しかし、同じ抜け忍に近づく娘を案ずるスガルの気持ちも痛いほど分かるため、島を去ることを決意する。が、忍びとしての本能が、島を去ることを拒み…(第5話)。
●本巻の特徴/自分が信じていた者に裏切られた怒り、そして心を許した愛する者を亡くした悲しみが丹念に描かれている。
●その他の登場キャラクター/抜け女忍・スガル(お鹿)(第3~7話)、お鹿(スガル)の夫・奇ヶ浜の半兵衛(第3~7話)、お鹿と半兵衛の娘・サヤカ(第3~7話)、お鹿と半兵衛の子供・ゲンタとツグミ(第3、4、6、7話)、半兵衛の友人で鮫を退治する渡り衆の頭・不動(第5~7話)
●その他のデータ/変わり身の術(第1、3、5話)、 水遁の術(第3話)、海螢(夜光虫)(第3話)、竜辰(第4話)、 夙流飯綱落とし(第6話)、夙流変移抜刀霞斬り(第7話)、十文字霞くずし(第7話)

あなたにオススメ!

  • カムイ外伝【スガルの島】
  • カムイ伝全集 第一部 10
  • カムイ伝 6
  • カムイ伝 12
  • 怪人百面相 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031