F 11
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/308
ISBN
409192221X
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/FOOLHARDY(青い夢)▼第2話/FORFEITURE(消えた鞄)▼第3話/FLAPPER(チャリン娘)▼第4話/FLEER(逃げる女)▼第5話/FORSAKEN-LADY(泣く女)▼第6話/FRESH START(もう一度……)▼第7話/FLOAT(止まらぬ流れ)▼第8話/FEELING DISTURBED(不安分子)▼第9話/FIRE BOY(火の馬)▼第10話/FIRSTEST(カンペキ)▼第11話/FLEETING MOMENT(無限の時間)▼第12話/FALL INTO NOTHING(寝がえり)▼第13話/FUGUE(女運)▼第14話/FANTASTIC DREAM(荒唐夢形)▼第15話/FOGGY SYSTEM(変色海域)▼第16話/FOREDOOMED(赤い糸)▼第17話/FOOT STEP(足取り)
●主な登場人物/赤木軍馬(赤木グループ総帥・総一郎と妾の間に生まれた、赤木家の二男。天才的なドライビング・テクニックを持つ)、小森純子(軍馬たちが下宿していたアパートの大家の姪。軍馬と相思相愛?)、サコ(原久子)(ロンドンでロックシンガーを目指す日本人女性。軍馬と暮らす)、ピーボー(みなしごの少年。軍馬と暮らす)
●あらすじ/ヨーロッパF3000選手権第2戦を優勝で飾った軍馬は、ピーボーとサコのコンサート会場へ足を運ぶ。そこで軍馬たちが見たのは、げっそりとやせ細りステージ場で酒をあおる、変わり果てたサコの姿だった。驚き悲しむ軍馬たちは、サコを連れ戻す決心をする(第5話)。▼軍馬たちと暮らした懐かしいロンドンのアパートで目を覚ましたサコ。大好きな軍馬とピーボーの元に帰れたはずなのだが、突然の出来事にとまどうばかりだ。そんな折り、音也を擁する雄馬のレーシングチーム・メタモルフォーズが、次のスペイン戦からヨーロッパF3000に参戦することを軍馬は知らされる。(第6話)▼軍馬の負担にならないようにと、彼の前から姿を消したサコとピーボー。二人の住む家の周りを記者らしき男たちがうろつくようになる。一方、軍馬はサコたちの生活ぶりを気にしながらも、その気持ちを振り払うかのようにレースに没頭する毎日だった(第17話)。
●本巻の特徴/ユキの自殺の真相がばれそうになった辰叔父が、ついに笠井にその魔の手を伸ばす。一方、一度は軍馬に連れ返されたサコが、今度はピーボーを連れて、軍馬の元を去る。そしてひとりになった軍馬は、ヨーロッパで着実に結果を残していく。
●その他のデータ/軍馬が走ったコース:ヨーロッパF3000選手権第3戦・フランス・ポーサーキット(第1

あなたにオススメ!

  • F 16
  • F 15
  • F 17
  • F 14
  • ONE&ONLY 新装版 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ