聖凡人伝 6
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/320
ISBN
4091921566
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
運もないが欲もない出戻始の、大首吊り荘四畳半生活日記。
▼第1話/哀愁の暴力中年▼第2話/おにぎり大洪水▼第3話/大ポルノ専門店▼第4話/酒と涙と8ミリ映画▼第5話/奥秩父ターザン伝▼第6話/屋上スイカ爆弾▼第7話/水ブロ大宴会▼第8話/怪異牛ダマ事件▼第9話/あふれる大首つり荘▼第10話/中年純情タイプライター▼第11話/憂いの大コンサルタント▼第12話/大マンション巨大シャワー▼第13話/出張一夜妻▼第14話/大露店株式会社く▼第15話/大四畳半差し押さえ▼第16話/穴また穴の物語▼第17話/ヤリスギ・ノイローゼ▼第18話/爆音録音機 ●登場人物/出戻始(職に付こうとするのだが、どれもうまく続かない。相変わらず首つり自殺の絶えないアパートで暮らす)、小久保(出戻始の隣人で、大セックスコンサルタントの社長)、早名礼子(隣の大マンションの美人大家)、屋台のオヤジ(大首つり荘の前にいつも店を出しているおでん屋) ●あらすじ/大ボール工場に入社した出戻。ベルトコンベアで流れてくる玉をチェックするだけの簡単な仕事だが、また失敗をしてクビになってしまう。アパートに帰った出戻を待っていた早名さんは、大マンションに変な人物が出没するので出戻に見張りをお願いする…(第1話)。▼早名さんにマンションのトイレを見て欲しいと頼まれる出戻。トイレを流してみると水があふれだす始末。屋上の給水タンクに原因があると、覗いてみるとタンクのなかで女性が死んでいた(第2話)。▼大エロ本専門店に就職した出戻。閉店時間になったら電気を消すように言われたので、すべての灯かりを消してしまう。その間に本が何冊も盗まれてしまい、またしてもクビになってしまう。翌朝、エロ写真を販売した容疑で警察に連行される…(第3話)。 ●その他の登場人物/川原洋子(第11話)、山川奈美(第16話)

あなたにオススメ!

  • ワダチ
  • サラReマン
  • ノ・ゾ・キ・ア・ナ 3
  • ジャジャ 11
  • ツルモク独身寮 1
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ