聖凡人伝 4
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/312
ISBN
409192154X
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
運もないが欲もない出戻始の、大首吊り荘四畳半生活日記。
▼第1話/屋台破クーラー▼第2話/大東京ニュートン伝▼第3話/屋上底ヌケプール▼第4話/大ドロボー夫婦ゲーム▼第5話/不滅の首つり荘▼第6話/ザ・プロフェッショナル・ファック▼第7話/三億円ドリーム▼第8話/釘づけドリーム▼第9話/目には目、ナニにはナニ▼第10話/酒来たる夜▼第11話/暗殺テレビ▼第12話/路上SM大会▼第13話/ボイラー詩曲▼第14話/中年五十五花ひらく▼第15話/轟音閨の秘事▼第16話/ヒップレスクラブ▼第17話/大髑髏賛歌 ●登場人物/出戻始(職に付こうとするのだが、どれもうまく続かない。相変わらず首つり自殺の絶えないアパートで暮らす)、小久保(出戻始の隣人で、大セックスコンサルタントの社長。最近元気がないことが多い)、早名礼子(隣の大マンションの美人大家)、大家のバアさん(大首つり荘の家主)、屋台のオヤジ(大首つり荘の前にいつも店を出しているおでん屋) ●あらすじ/出戻、小久保、大家のバアさん、早名さん、屋台のオヤジとで、海水浴に出かける。溺れてしまった出戻を、早名さんが人工呼吸で介抱してくれる。部屋に帰って寝ていると、野川由美子の母と名乗る人物が訪ねて来た。大金を持参し、さらに泊まって行くという…(第1話)。▼隣の大マンションから、大首つり荘の上に石を投げる男がいた。大首つり荘の屋根が抜け、出戻の部屋に石が落ち、怒る出戻。どうやら、何事も実験をしないと気が済まない男の仕業らしい…(第2話)。▼大会社に就職した出戻。給料もすぐ上げてもらえるという景気の良い話だったが、給料日になってもお金がもらえない。翌日会社には誰もいず、社長が早名さんを抱いていた。早名さんは、出戻に給料と退職金を払うように話を付けに行ったのだった(第3話)。 ●その他の登場人物/野川由美子の母(第1話)

あなたにオススメ!

  • SHOP自分 5
  • ワダチ
  • 美味しんぼ 60
  • 蜃気楼綺譚
  • F 9
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ