聖凡人伝 3
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/320
ISBN
4091921531
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
運もないが欲もない出戻始の、大首吊り荘四畳半生活日記。
▼第1話/流浪の大ピクニック▼第2話/豪邸100万円ヌード▼第3話/地震・感電・火事・オヤジ▼第4話/炎熱殺虫剤▼第5話/親不知初体験▼第6話/殺人ガス鬼▼第7話/丿イローゼ無宿▼第8話/崖壊焼けバシラ▼第9話/大連込荘▼第10話/新築盗聴器▼第11話/ゴロゴロズイカ▼第12話/流体廃キ物▼第13話/シモジモ騒動記▼第14話/薬煙万里▼第15話/恋人遥▼第16話/石と強盗▼第17話/思い出趣味▼第18話/セーラー服実験談▼第19話/雨のフルフルコース ●登場人物/出戻始(職に付こうとするのだが、どれも続かない。相変わらず首つり自殺の絶えないアパートで暮らす)、小久保(出戻始の隣人で、大セックスコンサルタントの社長。最近元気がないことが多い)、早名礼子(隣の大マンションの美人大家)、ナニカ(たぬきのような猫のような動物、出戻のペット)、屋台のオヤジ(大首つり荘の前にいつも店を出しているおでん屋) ●あらすじ/出戻、小久保、小久保の生徒、早名、大家、おでん屋でピクニックにでかける。実はその場所が他人の庭だったため、一堂警察に連行されてしまう(第1話)。▼骨董屋に勤めて早々、100万円の商品を壊してしまう出戻。落ち込んでいる出戻のため、早名さんが新しい商品を調達するために協力してくれる(第2話)。▼早名さんに旅行に誘われた出戻は、せめてもの資金にと家財道具を質屋に売り飛ばす。が、早名さんは最近体調不良の小久保に旅行をゆずる。地震や火事に見舞われながらも、何にも部屋で出戻はどうにか生きているのであった…(第3話)。 ●その他の登場人物/森田香織(第7話)、佐度飲道(第13話)

あなたにオススメ!

  • ダブル・フェイス 6
  • バウ 4
  • ジャジャ 8
  • ラーメン発見伝 16
  • ジャジャ 7
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ