コミック文庫(青年)

人間交差点(ヒューマンスクランブル) 16

人間交差点(ヒューマンスクランブル) 16
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/328
ISBN
4091921264
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
愛と憎しみ、喜びと哀しみが織りなす無限の人間ドラマを描く珠玉の名作
▼第1話/家族▼第2話/写真▼第3話/広場▼第4話/あこがれ▼第5話/名前・▼第6話/名前・▼第7話/冬の西瓜▼第8話/幕▼第1話/道草▼第2話/まどろみ▼第3話/陽気な仮面▼第4話/雨宿り●あらすじ/一軒の書店が焼け落ちる火事が起こった。焼け跡から刺し傷のある焼死体が発見され、死んだ妻の夫で、書店主の原田が容疑者として逮捕された。逮捕直後、彼は犯行を否認していたものの、翌日には犯行を供述。だが彼の弁護人・鶴橋は、何故か、彼が犯人でないと感じ、真相を追い始める(第1話)。▼子供が大事にしていたハムスタ-に4匹の赤ちゃんが産まれた。だが息子が留守の間に、ハムスタ-の親が赤ちゃんを食べてしまう。それを目撃した父は、その事実をどう息子に話していいのかわからない(第2話)。▼別れて暮らす妻に、娘を連れてサ-カスに行こうと誘う夫。だが、彼はいつも約束をしては、それを破ることを繰り返し、それが原因でついに別居にまでしてしまったのだった。男は今度こそは…と約束の場所に急ぐのだが…(第3話)。

あなたにオススメ!

  • 人間交差点(ヒューマンスクラ…
  • イアラ短編シリーズ(2)ドア…
  • 欅の木 1
  • 勇者ダン
  • やどかり 7
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ