コミック文庫(青年)

人間交差点(ヒューマンスクランブル) 13

人間交差点(ヒューマンスクランブル) 13
定価
本体581円+税
発売日
判型/頁
文庫/328
ISBN
409192123X
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
愛と憎しみ、喜びと哀しみが織りなす無限の人間ドラマを描く珠玉の名作
▼第1話/アリの巣▼第2話/電柱▼第3話/追憶▼第4話/つばめ▼第5話/川辺り▼第6話/天国の午後▼第7話/島▼第8話/輪立ち▼第9話/花束▼第10話/相づち▼第11話/電話▼第12話/穴 ●あらすじ/出版社で働く岡崎には、大事にしている写真があった。そこには、貧しいなりをした母が写っている。この写真を見ながら、彼は、このような貧しい生活に陥るまいと、自分を戒めて生きてきた。だが、彼はこの写真に写っている母の姿を、実は自分が好きだったことに気づく(第5話)。▼歩行者天国で週に一度、別れた妻や娘と待ち合わせをしている男がいる。男はくたびれたサラリ-マンの風貌で、まったく街の雰囲気と合わない。だが、そんな自分を卑下するでない態度が、そこにいた若者の心を変える(第6話)。▼周囲1キロの小さな島は、石炭の採掘をするためだけにある島。住人も炭坑関係者だけだ。だが、島の炭坑が閉山されることが決定してしまう。組合の労働争議の疲れで父を失った姉妹は、東京へとやってきたのだが…(第7話)。

あなたにオススメ!

  • 人間交差点(ヒューマンスクラ…
  • ツルモク独身寮 6
  • ツルモク独身寮(完結) 7
  • コキーユ 貝殻
  • CB感。 REBORN 7
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ