コミック文庫(青年)

東京ラブストーリー〔小学館文庫〕 2

東京ラブストーリー〔小学館文庫〕 2
定価
本体562円+税
発売日
判型/頁
文庫/296
ISBN
4091920926
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
誰もがラブストーリーの主人公になれる街、東京。永遠に残る恋愛コミックの
▼第1話/愛の贈り物▼第2話/いつも思い出して▼第3話/とまどいは隠せない▼第4話/微笑をもう一度▼第5話/心はダイヤモンド▼第6話/パーティーの夜▼第7話/あなたを呼ぶ声▼第8話/絶望のこちら側▼第9話/誰のせいでもなく▼第10話/ひと月ののち▼第11話/素直になれなくて▼第12話/不安のきざし▼第13話/言葉にならなくて▼第14話/橋の途中で▼第15話/バレンタイン・ストーリー▼第16話/涙が止まらない ●登場人物/永尾完治(広告代理店に勤める。ちょっと優柔不断)、赤名リカ(完治の同僚。アフリカでの生活体験を持つ。愛するのは得意だが、愛されるのが苦手)、関口さとみ(カンチと三上の憧れの人。保母さん)三上健一(地元愛媛の資産家の息子。東京の医大に進学、現在医大生) ●あらすじ/三上とさとみの家を訪ねた際、さとみの表情に翳りを感じたカンチだったが、さとみの元気そうな電話の声に、とりあえず安心する。しかし、元気そうな声とは裏腹に、さとみの頭には三上への疑念が渦巻いていた(第1話)。 三上の異性関係を疑い、思いつめた末、感情がなくなればいいとさえ思うさとみ。一方三上は、同じ医大生の長崎尚子にアプローチを始めていた(第2話)。忘れた財布を届けようと三上の大学を訪ねるさとみ。そんなさとみに三上の反応は冷たいものだった。その夜、カンチと会ったさとみは、カンチの胸で号泣してしまう(第3話)。●その他の登場キャラクター/和賀夏樹(第1、6、7、8、12、14、15話)、長崎尚子(第2、3、4、9、16話)

あなたにオススメ!

  • 東京ラブストーリー〔BCスペ…
  • 東京ラブストーリー〔BCスペ…
  • 東京ラブストーリー〔BCスペ…
  • 東京ラブストーリー〔BCスペ…
  • 恋愛体験ノベル Almost…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ