カムイ伝 11
定価
本体629円+税
発売日
判型/頁
文庫/408
ISBN
4091920411
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
江戸時代の厳しい差別社会の中で、自由を求めて戦う人々を描いた大作!
▼第1章/怪異▼第2章/鬼女塚▼第3章/寝地蔵▼第4章/飢饉▼第5章/要注意人物▼第6章/月の輪▼第7章/クズレ ●主な登場人物/カムイ(厳しく差別される身分から自由を求めて脱出し、忍びと化した天才忍者だが、現在は忍びの世界から脱け出すべく逃亡中)、正助(優れた知能で社会を改革しようとする農民) ●あらすじ/目付け橘軍太夫らの罠にかかり、あえなく捕えられた木の間党の首領・草加竜之進。水責め、火責めなどの拷問により、ついに彼は木の間党の本拠地がどこにあるかを白状してしまう。だが、これは竜之進が仕掛けた罠だった。一方、日置藩の領内では江戸の大火による木材景気を当て込んでの、森林の無謀な伐採が行なわれていた。それは自然界の安定の法則を破壊し、洪水という結果になって村を襲った。正助たち農民は、木の間党や夙谷の人々と力を合わせて洪水から稲を守りきる。しかし災害は終わったわけではなかった。自然界のバランスが狂ったことからネズミが大量に発生し、食べ物を求めて民家を襲い始めたのだ。悪いことは重なるもので、かつて領内の人々が一度も経験したことのない、新たなる災害が起こりつつあった……。 ●その他の登場キャラクター/ナナ(カムイの姉)、苔丸/スダレ(夙谷の住人で、正助の協力者)、ゴン(花巻村の農民)、草加竜之進(元次席家老の息子)、笹一角(元日置藩剣法指南役)、夢屋七兵衛(金の力で権力に対抗しようとする商人)、赤目(カムイの忍びの師匠。忍びの社会から抜け出し、夢屋の商売を助けている)、橘軍太夫(日置藩目付け)、橘一馬(目付けの息子)、玄蕃(目付けの弟)、横目(目付けの手先となって働く夙谷の頭)、サエサ(横目の娘・くノ一)、搦の手風(幕府隠密団の小頭)、水無月右近(剣に生きる浪人)、三角(日置藩城代家老)、ナゾの猿回し(正体は公儀隠密の首領)、大蔵屋(日置藩の御用商人)

あなたにオススメ!

  • カムイ伝全集 第一部 11
  • カムイ伝全集 第一部 12
  • カムイ伝全集 第一部 10
  • カムイ伝全集 第一部 9
  • 夢幻∞シリーズ つくもの厄介…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ