カムイ伝 9
定価
本体629円+税
発売日
判型/頁
文庫/432
ISBN
409192039X
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
江戸時代の厳しい差別社会の中で、自由を求めて戦う人々を描いた大作!
▼第1章/無人流▼第2章/非常法▼第3章/再会▼第4章/銀札くずれ▼第5章/意図あり ●主な登場人物/カムイ(厳しく差別される身分から自由を求めて脱出し、忍びと化した天才忍者)、正助(優れた知能で社会を改革しようとする農民) ●あらすじ/日置藩では、凡庸な領主のもと、城代と目付けの権力争いが続き、領民は貧困と圧政に苦しんでいた。そんな折、新開地の鍬下年季延期にからんだ身分差別の強化が実施される。そのため正助ら農民は、苔丸たち夙谷の住人の協力なしに農作業をしなくてはならなくなってしまった。その上、藩財政の建て直しと、藩権力を一手に掌握しようする目付け橘軍太夫らによって、非常法の採用・藩札の発行が行なわれる。これは、流通市場から正銀を吸い上げ、底をついた藩庫や藩士たちを救うというものだが、同時に物価の高騰を招き、民衆をますます苦境に追い込むことにもなるのだった……。 ●その他の登場キャラクター/ナナ(カムイの姉)、苔丸/スダレ(夙谷の住人で、正助の協力者)、ゴン(花巻村の農民)、草加竜之進(元次席家老の息子)、笹一角(元日置藩剣法指南役)、夢屋七兵衛(金の力で権力に対抗しようとする商人)、赤目(カムイの忍びの師匠。忍びの社会から抜け出し、夢屋の商売を助けている)、橘軍太夫(日置藩目付け)、橘一馬(目付けの息子)、玄蕃(目付けの弟)、横目(目付けの手先となって働く夙谷の頭)、サエサ(横目の娘・くノ一)、搦の手風(幕府隠密団の小頭)、水無月右近(剣に生きる浪人)、三角(日置藩城代家老)、ナゾの猿回し(正体は公儀隠密の首領)、大蔵屋(日置藩の御用商人) ●その他のデータ/歴史用語集~梵天(P154)、非常法(P170)

あなたにオススメ!

  • カムイ伝全集 第一部 9
  • カムイ伝全集 第一部 10
  • カムイ伝全集 第一部 11
  • カムイ伝全集 第一部 12
  • 世話焼き家老星合笑兵衛 竜虎…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ