ビッグ コミックス

ひねもすのたり日記 第1集

ひねもすのたり日記 第1集
ためし読み
定価
1222円(税込)
発売日
判型/頁
A5判/128
ISBN
9784091898302

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/02/09
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
ジョーも松太郎もてつやから。名作の裏に…
いつしか老作家となったマンガ家・
ちばてつやは、様々な社会的
役割を務め多忙だった。だが…
ある日、コミック雑誌から執筆依頼が来た。
最初断ろうと思ったちばだが、その脳裏には
幼い頃の満州の物凄い夕焼け、
人生の節目で出会った素晴らしい人々、
そしてどんなときも不器用に苦しみながら
マンガを描いてきた自分の姿が去来する。
オールカラーショートコミックで描く
半生の記。ちばてつや18年振りの最新作、今ここに結実!

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
待望久しいちばてつやさんの新作コミック単行本が、ついに18年振りに刊行されます。内容は満州に生まれた千葉少年が、戦争~戦後という暗い時代に、不思議な人との巡り合わせに導かれてマンガ家を目指す物語。重く暗い時代を背景にしながらも、胸がわくわく、時に切ない紛れもないちばマンガに仕上がってます。
〈 目次をみる 〉
第1回 目覚めの時・前編  
第2回 目覚めの時・後編
第3回 水木さんのこと
第4回 中国の想い出1
第5回 中国の想い出2
第6回 中国の想い出3
第7回 中国の想い出4
第8回 病院にて
第9回 バスにて
第10回 忘れられない日
第11回 夜襲
第12回 脱出
第13回 逃避行
第14回 イージー会
第15回 再会
第16回 困ったときは…
第17回 屋根裏の楽しみ
第18回 楽しき仲間・前編
第19回 楽しき仲間・後編
第20回 身近な有名人
第21回 コロ島への長い道のり
第22回 日本行きの船
第23回 いつまでもそこにある風景
第24回 ちば家の時間
第25回 練馬の夜の怪
第26回 故郷の大地
第27回 黒く沈む国
第28回 千葉への旅
第29回 驚天動地
第30回 たどり着いた場所
〈 電子版情報 〉
ひねもすのたり日記 1
Jp-e : 091898300000d0000000
ジョーも松太郎もてつやから。名作の裏に…

いつしか老作家となったマンガ家・
ちばてつやは、様々な社会的
役割を務め多忙だった。だが…
ある日、コミック雑誌から執筆依頼が来た。
最初断ろうと思ったちばだが、その脳裏には
幼い頃の満州の物凄い夕焼け、
人生の節目で出会った素晴らしい人々、
そしてどんなときも不器用に苦しみながら
マンガを描いてきた自分の姿が去来する。
オールカラーショートコミックで描く
半生の記。ちばてつや18年振りの最新作、今ここに結実!

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

雑誌で目にしてからツィッターのどこかのサイトで少し無料で読めたのでそれで書店で買いました。 中国からの引揚げなど戦時体験に興味を持ってたのとちばてつやさんのこの自伝の話と絵柄が好きなのとたくさんの漫画家の話も読めてありがたいです。 でもちばさん実際の顔は細いと本の中の写真で思いました。(50代 女性) 2021.9.8

大竹まことゴールデンラジオ内で、きたろうさんがまとめ買いするほどオススメしていた事、ちばてつや先生のファンでもあり、戦争体験の話にも興味があった為購入しました(50代 男性) 2021.8.13

東洋経済のwebでひねもすのたり日記の一部を読み、感動して購入しました。 16歳上の姉よりちばさんが年下で唖然としました。亡き父が満州で仕事をする選択をすれば、我が家でも起こりえた体験です。 15年後には満州引き揚げの生き証人がほぼいなくなります。若い方逹に読んでほしい。国の権力者は非常時には棄民をすることも理解してほしい。(60代 女性) 2021.8.12

ちばてつや氏の新作を待っていました。追想短編集も好きです。(60代 男性) 2021.7.29

普段漫画は読まないが、一個人通し庶民の歴史の真実が分かるような気がしてすぐ注文した(60代 女性) 2021.7.29

亡くなった祖父母、叔父が、満州から引き上げてきたもので、祖母が亡くなる前に引き上げてきたときの壮絶な話をしてくれたことがあり、興味を持って、ちばてつやさんの本を読んでみようと思いました。(40代 女性) 2021.7.19

現在45歳(男)です。 たぶん叔父が買い揃えていた「あした天気になあれ」 をマンガ好きの父親が借りてきて…という経緯だったと思いますが、中学生のころにワクワクしながら全巻読みました。自分にとっては「あしたのジョー」よりは「あした天気になあれ」のちば先生です。今でも時々読み返しています。やっぱり面白いものはいつまでも面白いです。   本書を知ったのはたぶん今年の冬ごろ、web広告だったと記憶しています。今でもずっとマンガが大好きで、特に本を手にとって読まないと気持ち悪い世代なので(笑)、本屋さんで見かけたら買おうと思って頭にメモしていて、最近無事に出会うことができ、とりあえず追想短編集もあわせて全巻購入しました。大人になってよかったと思える「大人買い」です(笑) 先生の思い出のエッセイマンガですが、すごく引き込まれてあっという間に一巻読み終わってしまいました。やっぱり読んでよかった。素晴らしいです。  少し歳を重ねて社会を知るようになると、昔の日本・戦争やその後の日本・そこで生きてきた人たち・そして今につながる時の流れに興味を持ち、知りたくなりました。そんな自分にとって、先生をはじめとする皆様が描かれているマンガが、とても分かりやすく心に入ってきます。マンガ文化があってよかった。と、心から思います。  これからもお身体をご自愛頂き、描きたいことを描き続けてください。しっかり読ませて頂きます!  ではこれからコーヒーを準備して二巻めに突入したいと思いますので失礼いたします(笑)(40代 男性) 2021.7.17

ちばてつやさんのコミックは、男性コミックという印象でこれまで読んでいませんでした。まずタイトル、表紙に惹かれました。現在の様子におりこまれての幼少時代のこともとても興味深く充実して読ませて頂いています。繰り返し読みたいと思います。(60代 女性) 2021.6.24

ちばてつやのファンです。(60代 男性) 2021.6.24

中国からの引き上げ時の状況がグに描かれていたから(40代 男性) 2021.6.19

あなたにオススメ!

  • わたしの日々
  • あしあと ちばてつや追想短編…
  • カランコロン漂泊記 新装版
  • 青い花
  • ゲゲゲの家計簿 上
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ