その他

石ノ森版立川文庫  3

塚原卜伝

塚原卜伝
定価
715円(税込)
発売日
判型/頁
4-6変/248
ISBN
4091891438
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
戦乱の時代に剣一本で道を拓き、駆け抜けていった男、塚原ト伝の半生
▼第1話/少年時代▼第2話/武者修行の旅▼第3話/奸計の城、悪盛んにして天に勝つ▼第4話/大団円 天定まって人に勝つ ●登場人物/塚原小太郎勝義(ト伝/常陸国塚原の城代家老の次男) ●あらすじ/無謀にも、友を襲った狼2匹をひとりで捕えにいった8歳の小太郎。13歳になってもそのワンパクぶりはいっこうに直らず、学問に一切興味を示さない小太郎は、真影流の開祖・上泉伊勢守秀綱のもとで門弟として面倒を見てもらうことになった。それから5年が過ぎ、小太郎の剣の腕は師を超え、諸国漫遊に出かけることになったのだが……(第1話)。▼上泉秀綱の病気中に道場へ訪れ、門弟たちと闘って「天下の真影流を倒した」と吹聴して、他の道場から金をせしめていた円海との闘いに勝った小太郎。途中、山賊を倒し意気揚々と上泉秀綱の道場に戻った小太郎だったが、荒々しい性質の改善されていない小太郎は師にも会ってもらえず、破門されてしまうのだった(第2話)。 ●その他の登場人物/上泉伊勢守秀綱(小太郎の師/真影流の開祖)、信濃坊円海(六尺金剛の修験僧)、亀井新十郎(亀井流槍術)、戸澤白雲斎(花隅の城主・戸澤山城守の実父/忍術の大名人)、秋山審作(塚原家の家臣)、佐竹弾正左衛門(常陸国笠間城の城主)、熊吉(審作の弟)、弥六郎(小太郎の伯父/鹿島神社の神主)、上杉謙信(関東管領越後守)

あなたにオススメ!

  • 猿飛佐助 1
  • 雪花の虎 1
  • 宮本武蔵 1
  • 雪花の虎 9
  • 雪花の虎 4
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031