その他

石ノ森版立川文庫  1

猿飛佐助 1

猿飛佐助 1
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
4-6変/248
ISBN
4091891411
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
戦乱の世に現れた神出鬼没のヒーロー、真田十勇士の少年忍者・猿飛佐助
▼第1話/天から降ったか地から湧いたかの巻▼第2話/女子と小人は養い難しの巻▼第3話/天狗の孫ではあるまいかの巻▼第4話/人は一代 名は末代の巻 ●登場人物/猿飛佐助(郷士・鷲塚家の長男/真田家の勇士のひとり)、真田与三郎幸村(上田城主真田家の長男)、三好清海入道(真田家の勇士のひとり) ●あらすじ/野や山を、まるで猿のように遊び回っていた猿飛佐助。ある日、どう立ち向かってもかなわない老人(戸澤白雲斎)に出会った佐助は、その老人に弟子入りすることになった。3年の修行の後、戸澤白雲斎から忍術の後継者として認められた佐助は、猪狩りで峠を訪れていた真田幸村にその身軽さをかわれ、真田家の一党として城に仕えに出ることとなる。その時、幸村19歳、佐助15歳(第1話)。▼伊勢崎五郎三郎に襲われそうになった楓を助けた佐助。その後、楓は佐助にお礼と恋心を綴った手紙を届けるのだが、その手紙が三好に見つかってしまい、城内で婦女を襲いかけた人間のいたことが幸村の耳に入ってしまう。幸村に呼び出され、襲った男の名を聞かれた佐助がその名を明かさなかったことから、伊勢崎五郎三郎は佐助自身が犯人だったという噂を城内に流し、ぬれぎぬを着せようとするのだが……(第2話)。 ●その他の登場人物/小夜(佐助の姉)、戸澤白雲斎(花隅の城主・戸澤山城守の実父/忍術の大名人)、伊勢崎五郎三郎成清(楓に恋する)、楓(奥女中取締/佐助に恋する)、由利鎌之介(真田家の勇士)、石川五右衛門、後藤又兵衛、雲風群東次、霧隠才蔵宗連

あなたにオススメ!

  • 塚原卜伝
  • HATAGO[旅籠] 1
  • 博愛の人 3
  • 真田十勇士
  • 真田十勇士
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ