その他

博愛の人 3

博愛の人 3
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
4-6変/240
ISBN
4091890539
全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
世に知られる二宮金次郎の生涯70年の秘密に迫る!ジョージ秋山渾身の一本
▼第1話/その十▼第2話/その十一▼第3話/その十二▼第4話/その十三▼第5話/その十四 ●登場人物/二宮金次郎(農民でありながら、勉学に勤しみ、最後には幕臣にまでなった善行の人) ●あらすじ/成田山新勝寺で断食修行を続ける金次郎は、自分の人生を振り返っていた。服部家の借金をすべて返すことに成功した金次郎は栢山村へ帰ったあと、服部家の女中・ナミと結婚する。そして、小田原藩主・大久保忠真より荒廃している桜町領三ケ村の再建を命じられるが、金次郎は3年に渡りこれを断わり続けた。結局、命令を受けることを決意した金次郎は、桜町領へ調査に出かける。田畑は誰も耕す人がおらず、家も荒れ放題。村では博打が行なわれ、人々の心は荒んでいた。調査結果を元に「古今盛衰平均土台帳」という復興計画書を書き上げ、大久保忠真に提出した。それを読んだ大久保忠真は金次郎と直接話し合いたいと申し出る(第1話)。▼栢山村の田畑を売り払い、桜町領へ赴く金次郎と、妻ナミ、長男弥太郎。やがて桜町領の入口にさしかかると、物井村名主の斉藤平左衛門に出迎えられた。先の旅籠に一席設けたので休んでいかれてはという申し出があるが、金次郎はそれを断る。斉藤平左衛門と、その妻、おクマ、それに岩波五六八親分の3人は、金次郎が預かっているはずの再建費用1千両を手にいれようと、画策しているのだった(第2話)。 ●その他の登場キャラクター/金次郎の妻・ナミ、長男・弥太郎、小田原藩主・大久保忠真(第1話)、斉藤平左衛門、おクマ、岩波五六八親分、ぬるま湯の九八、おみよ(第2話)、幸助(第3話)

あなたにオススメ!

  • 浮浪雲 1
  • HATAGO[旅籠] 1
  • 猿飛佐助 1
  • 突きの鬼一 夕立
  • 虹色とうがらし 3
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31