ビッグ コミックス

捨てがたき人々 1

狸穴勇介

捨てがたき人々 1
定価
本体552円+税
発売日
判型/頁
B6/272
ISBN
4091880215
全巻を見る
オンデマンド
〈 書籍の内容 〉
世紀末ニッポンに生きる男女の人生街道!!
▼第1話~第7話/狸穴勇介 ●登場人物/狸穴勇助(まみあな ゆうすけ/生きることに飽きてしまった、無気力な男。劣等感の塊)、岡辺京子(仕事先の弁当屋で客の勇介と知り合う。新興宗教「神我の湖」の熱心な信者) ●あらすじ/トラックの運転手をやめ自分の生まれ故郷に帰ってきた狸穴勇介は、新しい仕事を見つけるでもなく、無気力な日々を過ごしている。そんなある日、いきつけの弁当屋で働く岡辺京子という女と言葉を交わすようになる。よくよく話を聞いてみれば、京子も勇介と同じように劣等感の塊だったが、「神我の湖」という新興宗教に入ってから自分が変わったという。そんな京子に興味を持ちはじめた勇介は、心の底で馬鹿にしながらも京子にちょっかいを出しはじめる。そして、毎日毎日、相も変らずブラブラしていた勇介も、生活が苦しくなってきたため新聞の求人欄を見て仕事を探すことにする。しかし見るからにやる気のない勇介は、どこへ行ってもハナから相手にしてもらえない。そんなある日、完全に生きる気力を喪失し、自分の部屋にこもりっきりの勇介を京子が訪ねてきた。京子は勇介に、知り合いの所で働いてみないかと、仕事の話を持ちかけてきたのだが……。

あなたにオススメ!

  • 憂夢 3
  • 浮浪雲 10
  • あずみ 42
  • 希望の椅子 2
  • SALAD DAYS(サラダ…
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ