ビッグ コミックス

カムイ伝全集 第一部 14

カムイ伝全集 第一部 14
ためし読み
定価
本体1200円+税
発売日
判型/頁
4-6/418
ISBN
4091878644

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/12/25
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1章/カンダチ▼第2章/嵐▼第3章/第三の領主▼第4章/号び(一)▼第5章/号び(二)

●主な登場人物/カムイ(忍びとなった夙谷の民。公儀隠密として日置藩の謎を探り当てた結果、命を狙われる運命に)、正助(才覚あふれる農民の若き指導者)、笹一角(草加竜之進が本名。もと日置藩次席家老の子。夜盗・木の間党首領を経て、日置の新代官となる)
●あらすじ/町人請負の新田開発の決定に抗議するため、江戸に出向いた竜之進。だが、かえって彼は、領内での取引の権限をイタミ屋に委ねることと、身分差別強化のための人別改めを命ぜられてしまう。結局その後、竜之進は代官の地位を追われ、身分制度は元のもくあみに帰し、新田開発計画も頓挫して、日置の改革は大きく後退してしまう。そして幕府の思惑通り、領内の市場の実権はイタミ屋が握ることになるが…?
●その他の登場人物/山丈(山奥に住む大男)、ゴン(正助の友。日置農民の指導者のひとり)、スダレ(かつての一揆の首謀者・苔丸。今は夙谷の民となった正助の協力者)、佐平次と妙(もとアグリ領の農民と、その妹)、竹間沢庄屋(正助の理解者)、アケミと五郎(日置の農民夫婦)、ツクテと幸(夙谷出の夫と農民出の妻)、弥助(カムイの父)、ダンズリ(正助の父)、小六(娘の非業のために精神異常となった農民)、シブタレ(たれこみや)、水無月右近(剣の達人だが、剣を捨て浮浪する男)、松林剣風(日置で農民になった武士)、ナナ(カムイの姉で、正助の妻)、一太郎(正助とナナの子)、夢屋七兵衛(金の力で権力に対抗しようとする商人)、赤目(カムイのもと師匠で抜忍。夢屋の番頭・市を名乗る)、橘一馬(もと日置藩目付の息子)、橘玄蕃(魔剣・無人流の達人。一馬のおじ)、サエサ(横目の娘。カムイに惚れて、くの一となる)、イタミ屋(江戸の御用商人。夢屋の手先)、横目(夙谷の頭)、キギス(横目の下人)、錦丹波(日置領新代官。二階堂流の使い手)、稲富一心(代官の手代で短筒の名手)、輪島修理(幕府より派遣された勘定奉行名代)
〈 電子版情報 〉
カムイ伝全集 第一部 14
Jp-e : 091878640000d0000000
▼第1章/カンダチ▼第2章/嵐▼第3章/第三の領主▼第4章/号び(一)▼第5章/号び(二)

●主な登場人物/カムイ(忍びとなった夙谷の民。公儀隠密として日置藩の謎を探り当てた結果、命を狙われる運命に)、正助(才覚あふれる農民の若き指導者)、笹一角(草加竜之進が本名。もと日置藩次席家老の子。夜盗・木の間党首領を経て、日置の新代官となる)
●あらすじ/町人請負の新田開発の決定に抗議するため、江戸に出向いた竜之進。だが、かえって彼は、領内での取引の権限をイタミ屋に委ねることと、身分差別強化のための人別改めを命ぜられてしまう。結局その後、竜之進は代官の地位を追われ、身分制度は元のもくあみに帰し、新田開発計画も頓挫して、日置の改革は大きく後退してしまう。そして幕府の思惑通り、領内の市場の実権はイタミ屋が握ることになるが…?
●その他の登場人物/山丈(山奥に住む大男)、ゴン(正助の友。日置農民の指導者のひとり)、スダレ(かつての一揆の首謀者・苔丸。今は夙谷の民となった正助の協力者)、佐平次と妙(もとアグリ領の農民と、その妹)、竹間沢庄屋(正助の理解者)、アケミと五郎(日置の農民夫婦)、ツクテと幸(夙谷出の夫と農民出の妻)、弥助(カムイの父)、ダンズリ(正助の父)、小六(娘の非業のために精神異常となった農民)、シブタレ(たれこみや)、水無月右近(剣の達人だが、剣を捨て浮浪する男)、松林剣風(日置で農民になった武士)、ナナ(カムイの姉で、正助の妻)、一太郎(正助とナナの子)、夢屋七兵衛(金の力で権力に対抗しようとする商人)、赤目(カムイのもと師匠で抜忍。夢屋の番頭・市を名乗る)、橘一馬(もと日置藩目付の息子)、橘玄蕃(魔剣・無人流の達人。一馬のおじ)、サエサ(横目の娘。カムイに惚れて、くの一となる)、イタミ屋(江戸の御用商人。夢屋の手先)、横目(夙谷の頭)、キギス(横目の下人)、錦丹波(日置領新代官。二階堂流の使い手)、稲富一心(代官の手代で短筒の名手)、輪島修理(幕府より派遣された勘定奉行名代)

あなたにオススメ!

  • カムイ伝 14
  • カムイ伝 6
  • カムイ伝 8
  • カムイ伝 13
  • 電光石火 4
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ