ビッグ コミックス

美味しんぼア・ラ・カルト 3

美味しんぼア・ラ・カルト 3
定価
本体552円+税
発売日
判型/頁
B6/260
ISBN
4091878334
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/寿司の心▼第2話/女の華▼第3話/そばツユの深味▼第4話/真夏のソバ▼第5話/江戸っ子雑煮▼第6話/手先の美▼第7話/炭火の魔力▼第8話/縁日のにぎわい(前・後編)▼第9話/白身魚の芸▼第10話/江戸の味●主な登場人物/山岡士郎(東西新聞文化部員。普段はグータラだが、膨大な食の知識を持つ)、栗田ゆう子(東西新聞文化部員の新人記者)、海原雄山(名だたる陶芸家、画家であり、「美食倶楽部」を主催する食の探究者でもある。山岡の実父)●あらすじ/「究極のメニュー」作りに興味がない山岡を説得しようと、大原社主と谷村部長が食事を誘ってきた。そこは銀座で一番と評判の寿司屋なのだが、店主は客を怒鳴り散らすような傲慢な人物。しかし、彼の寿司を食べた山岡は「おまえの腕は最低だ」と言い、翌日、彼を佃島の小さな寿司屋に連れて行く…(第1話)。●本巻の特徴/握り寿司、そば、鰻の蒲焼きなど「江戸料理」をメインテーマにした全10話を収録。

あなたにオススメ!

  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 2
  • 美味しんぼ 4
  • 美味しんぼ 3
  • 美味しんぼ〔小学館文庫〕 3
  • 江戸・食の履歴書
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ