ビッグ コミックス

日露戦争物語 12

日露戦争物語 12
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091872220

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2013/07/15
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第121話/海上権▼第122話/元老、立つ。▼第123話/技術屋魂▼第124話/宴のあと▼第125話/虎口の猛虎たち▼第126話/国家戦時体制▼第127話/作戦会議▼第128話/平壌包囲作戦▼第129話/野津道貫▼第130話/包囲作戦▼第131話/最強の誉れ●主な登場人物/秋山淳五郎真之(松山最強のガキ大将として名をはせた青年。26歳の現在は軍艦「筑紫」航海士・少尉。後の日本海海戦では帝国海軍連合艦隊参謀をつとめる)●あらすじ/明治27年8月1日。ついに宣戦布告がなされ、日本と清国は交戦状態となった。遭遇すればいつでも発砲できる状況の中、連合艦隊は朝鮮西海岸の隔音群島を仮根拠地とし、秋山真之も砲艦「筑紫」の航海士として待機していた。そして迎えた7日、連合艦隊はついに隔音群島を出発。決戦を求めて清国本土の軍港・威海衛へ…!!(第121話)●本巻の特徴/日清戦争がいよいよ本格化! 緒戦で勝利を収めた日本陸軍だが、清国軍はさらなる大兵力を朝鮮半島に投入して、一進一退の攻防が展開されていく。●その他の登場人物/山路一善(真之と同郷で海軍では同級生。このときは「千代田」航海士・少尉。後の日本海海戦では第一艦隊第三戦隊参謀)、白川精一郎(真之と同郷。陸軍に入り没落した一家を支えている)
〈 電子版情報 〉
日露戦争物語 12
Jp-e : 091872220000d0000000
明治27年8月1日。ついに宣戦布告がなされ、日本と清国は交戦状態となった。遭遇すればいつでも発砲できる状況の中、連合艦隊は朝鮮西海岸の隔音群島を仮根拠地とし、秋山真之も砲艦「筑紫」の航海士として待機していた。そして迎えた7日、連合艦隊はついに隔音群島を出発。決戦を求めて清国本土の軍港・威海衛へ…!!

あなたにオススメ!

  • 格闘太陽伝 ガチ 12
  • コンデ・コマ 13
  • クロスゲーム 14
  • ムジナ 9
  • 白兵武者 12
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ