あずみ 31
ためし読み
定価
本体505円+税
発売日
判型/頁
B6/208
ISBN
4091871917

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2012/08/30
形式
ePub
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
▼第1話/共鳴▼第2話/謀略の刃▼第3話/柳生進軍▼第4話/炎舞▼第5話/包囲網▼第6話/秘策▼第7話/明暗●主な登場人物/あずみ(精鋭の刺客として純粋培養された少女)、飛猿(あずみと共に密命を帯びる忍者)、梵天丸(将軍・秀忠の隠し子。あずみに恋心を抱く)、兵介(天海に見いだされた、謎多き仲間)●あらすじ/姉のお鏡に誉められたい一心で、内輪もめをしていた柳生の兵を次々と斬ってしまう千代蔵。だが、お鏡はそんな千代蔵に怒りの視線を投げる。あてもなくさまよう傷心の千代蔵を偶然目撃したあずみは、用心のため後を追いかけるが、ふとしたことから彼と心を通わせることに…(第1話)。●本巻の特徴/天海の命で“死の領地"に赴いたあずみは、将軍の隠し子・梵天丸から「余の女になれ」と脅迫を受ける。一方、梵天丸を裏で操る加納は、兵介を人質にしたと言ってあずみをおびき寄せ、仕留めようと企んでいた。さらに、天海自らがあずみを送り込んだ青華院に向かっているとの情報を得た柳生は…!?●その他の登場人物/南海坊天海(亡き家康のブレーンを務めた高僧。あずみを保護し、新たな使命を授ける)、加納(柳生の高官。梵天丸の城主擁立を掲げ、領内の支配を企む)、お鏡(庭内を仕切る女親分)、千代蔵(お鏡の弟。長刀を自在に操る手練)
〈 電子版情報 〉
あずみ 31
Jp-e : 091871910000d0000000
姉のお鏡に誉められたい一心で、内輪もめをしていた柳生の兵を次々と斬ってしまう千代蔵。だが、お鏡はそんな千代蔵に怒りの視線を投げる。あてもなくさまよう傷心の千代蔵を偶然目撃したあずみは、用心のため後を追いかけるが、ふとしたことから彼と心を通わせることに…

あなたにオススメ!

  • あずみ 18
  • あずみ 15
  • あずみ 16
  • カムイ伝全集 第二部 4
  • 真田剣流 2
同じ著者の書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ